2008年08月16日

羞恥心「羞恥心」

羞恥心(DVD付)
羞恥心(DVD付)
posted with amazlet at 08.08.16
羞恥心
PONYCANYON INC.(PC)(M) (2008-04-09)
売り上げランキング: 240


<歌謡曲サウンド+自ら体現するメッセージ>

 人気クイズ番組「クイズ!ヘキサゴンII」にて、珍解答を連発して人気を博しているおバカ男性タレント3人組、つるの剛士・野久保直樹・上地雄輔によるユニット。インパクトのある名前にとどまらず、2008年の上半期最大級の大ヒットに繋がったのは、みなさんご存知のとおりです。
 もともとは、オバカ女性タレント陣のスザンヌ・木下優樹菜・里田まいとで結成されたPaboが先にデビュー。こちらがそこそこウケたので、男性陣でも活動を開始したとのこと。しかし、フタを開けてみれば、Paboを遥かに超える売り上げを記録しました。

 番組での人気、そしてブログ一日のPV数ギネス記録を誇る上地雄輔など個人の人気もこの大ヒットの一要素には間違いないでしょう。しかし、それ以上に、どアイドル歌謡な作りがウケたんだ、と感じます。
 2005年にもっとも売れたシングル、修二と彰「青春アミーゴ」を思い出してください。キラキラでキメキメのサウンド、哀愁も香るマイナー調、『俺の胸にさあおいで』というような強気の言葉、「俺達」という主体など、共通点が多数。往年のアイドル歌謡曲のテイストが存分に盛り込まれた楽曲はウケる、というのは、すでに3年前にトラジ・ハイジ「ファンタスティポ」→「青春アミーゴ」の流れで判明していました。ただ、それを大真面目にやるアーティストがここまで出ていなかったというだけです。
 よりファニーな路線では、昨年2007年にお笑い界にムーディ勝山が現れました。ちょっと違うっちゃ違うんですが、「歌謡曲」をパロディ化した彼に人気が集まったのも、やっぱり歌謡曲という題材のヒキの強さを物語っていると思うのです。
 モーニング娘。などをプロデュースしたつんくも、味付けは最新のポップスでありながら根っこには歌謡曲テイストがはっきりと色濃くありました。日本人の好みは、時代を経ても歌謡曲から動いていないのですね。ただ、露骨に出してアピールする今回のような楽曲はあんまりない(だけど、出るとウケる)というだけで。

 歌謡曲サウンドの強みは、やはりわかりやすさ、印象に残る聴きどころの多さでしょう。ゴージャスな音のデコレーション、コードべったりのメロディライン、哀愁も漂わせられるマイナー進行…
 そして、この曲はさらに強い印象を残しやすい独自の要素もあります。たとえば、『ドンマイ ドンマイ ドンマイ ドンマイ/泣かないで』『羞恥心 羞恥心』など、インパクトが強く、音のはまり方もよく、さらに同じ言葉を連呼するサビ部分。たいへん覚えやすく、うっかり口ずさんでしまいやすい出来になっているわけですね。さらに、メロなどでもキメっぽい場所が随所にあり、満遍なく味の濃い(暑苦しい)作りになっています。パロディ的な意味合いもあるので、あえてあれこれ強調されている関係もあるんでしょうね。
 この点、当たり障りのないシンプルでオーソドックス、特徴の薄いアイドルポップスだったPaboの「恋のヘキサゴン」とは、明らかに一線を画しています。

 楽曲自体の設計やサウンド面でのインパクトばかり書きましたが、歌詞だけとってみても、(結果的に、なのかもしれませんが)実に巧妙に出来ているなあと感じます。

『ありったけの自分を さらけ出してみるぜ/知識ないと言われてもいい』
 1行目だけなら、メッセージソングにはわりとよくある決意です。そこに2行目がつくのが歌い手のキャラ立ちでもあり、笑いどころでもあるわけで…そして、人気の秘訣でもあるのでしょう。

 「頭が悪い」ことは、一般的にはよくないこととされます。ここに異存がある人はいないでしょう。自分は「頭が悪い」と感じている場合、それは普通コンプレックスになります。
 しかし、彼ら「おバカタレント」は、おバカさを全国のお茶の間に曝け出しながらも、何も気にすることなくマイペースに振舞っています。彼らは、ポップスでの常套句「欠点も自分のうち」「人の目を気にせず自分らしく」などといった自己肯定を体現した存在なのです。
『笑いたきゃ笑うがいい 失敗ばかりだけど/ブルーな気分にはならないのさ』
 彼らの存在自体が、歌に込められているポジティブなメッセージを、言葉だけ以上のものにしているのです。

ラベル:羞恥心
posted by はじ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー企画もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。