2008年07月10日

清水翔太「HOME」

HOME
HOME
posted with amazlet at 08.07.10
清水翔太 BOY-KEN
ソニー・ミュージックレコーズ (2008-02-20)
売り上げランキング: 16051


<時代の流れが呼んだ?最新のサウンド形態>

 鳴り物入りで登場した、大阪出身の男性シンガーソングライターのデビュー曲。ゴスペルを学んでいたそうですが、こちらはR&BとHIPHOPが混ざったかのような、ソウルフルな歌い回しとすらすらと紡がれる語りかけの両方を味わえる内容になっています。

 これまででは、ケツメイシあたりの哀愁を感じさせるトラックでメロディアスなサビを持ったスタイルがもっとも近いでしょうか。そうしたポップスとHIPHOPのいいとこ取りみたいなサウンドが定着してきた頃に、R&Bのテイストを盛り込んだ本格派ボーカリストが参入してくる…というような構図でしょうか。
 耳に馴染みやすいコード進行でループするバッキング。その上に乗るのは、音階を持ち、内容が聞き取れ理解できる程度の速さのラップ。そして、抜けのいい高音とナチュラルなフェイクが巧みに展開するサビ。…こうした要素を盛り込んだ楽曲が当たる、という計算まで含めて、かなり隙のない出来に仕上がっています。

 この「HOME」のサウンドは、間違いなく、ここ最近のJ-POPの隆盛の趨勢を踏まえた上で作られたものでしょう。まるでこの曲が登場しヒットするのは必然だったと思えるくらい、流れに乗った新しさだなあと感じます。

 歌詞も、そういう意味では流れに乗っているのでしょうか。『格好つけて飛び出した/別れ惜しむ人達裏切った結果になった』『自分の弱さがそのとき理解った/でも夢叶った 少しそんな気になった』と、半生を振り返って得たものをリスペクトする…ET-KING「ギフト」でも書きましたが、こうしたリスペクトソングは近年多いです。しかも、支持を集めやすく出世作になっているケースが多いですし。そんなわけで、選んでいるテーマも、デビュー作としてふさわしいなと。
 言葉はかなりシンプルながら、とても力を入れている感があります。これまでの人生の集大成とばかりにすごくいろいろ盛り込んであって、その気迫はひしひしと伝わってきます。これはこれでいいんですが、今後こうしたシンプルなメッセージソングを作る際の手駒がなくなってしまわないか心配。シンガーソングライターとのことなので、もっと表現の幅があるものだと期待したいところです。


posted by はじ at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー男性(さ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。