2008年04月30日

SMAP「弾丸ファイター」

弾丸ファイター
弾丸ファイター
posted with amazlet at 08.04.30
SMAP
ビクターエンタテインメント (2007-12-19)
売り上げランキング: 6471


<歌詞のキーポイントは「共感」と「整合性」>

 前作から1年以上のスパンを置いての新曲は、デジタルな音を駆使したちょっと風変わりなアップテンポ。
 「今までにない」タイプの楽曲ですが、それは何も今回に限ったことではなく、あの「世界にひとつだけの花」大ヒット以降から、実験作というか王道を行き過ぎないタイプの曲を歌っているように感じていまして。国民的ヒットシングルで「あがり」にならないよう、意欲的にチャレンジをしてきている点は評価したいところです。
 わりと周りから不評を聞くので、そうすると褒めるところを探すクセがあるんですけど、確かに今作は「意欲」はわかるんですが、大ヒットする類の楽曲ではないかなあというのが正直なところ。

 歌詞に関しては、これは昔のSMAPぽいですね。
 『ナイス当たりで 罠にはまるか/たなぼたサンキュー エースに変わるか』なんて、「はだかの王様〜シブトク つよく〜」とか「ダイナマイト」辺りのあの頃のコミカルさ、やんちゃさを思い出します。

 年相応じゃないのでは?という声もありますけど、個人的にはこれはOK。
 「世界にひとつだけの花」の次に出た「友だちへ〜Say What You Will〜」のときに、こんなマジメな方向ばかりになっちゃうのかなー、と寂しく思ったりしていましたしね。
 ここ数作はわりと精神年齢が高めのシングルが続いていたので、そのイメージが強くなっているのかもしれないですし、あるいは事務所の後輩達が活発な活動を展開しているので、間を長く空けていたうちにコミカルさ若さのイメージは持っていかれてしまった、ということなのかもしれません。

 ただ今回も、決してやんちゃなだけではなく、『未来にむかう なか/バトンを つないでいる』というようなフレーズもあったりします。
 狙いとしては、コミカルさを演出しつつ、その奥に真面目なメッセージを感じさせる…というようなところかなと推測。

 では何が問題なのかというと、それは詞の形式が「共感型」になっていないところではないかなと。『凹むアウトが セーフだったり』みたいな「あるある」は多少含まれているものの、感情移入しやすいエピソードのようなものが薄いのです。
 今の時代、とにかく「共感」できるかできないか、という点は重要視されています。そういう部分がないと、軽く感じられてしまいがちだったりする傾向があるよなあ、と。

 また、全体を通してストーリー性があったりテーマをまとめていたりするタイプの楽曲も増えているため、歌詞全体の「整合性」もまた重要になってきている気がします。その見方で行くと、この曲はサビで急に『地球に生まれ』と壮大になったり、内容がバラバラに感じやすい作りなのかなあとも。
 90年代は、このくらいのキャッチーな言葉を散りばめる書き方でもアリだし、それこそが好まれていました。先に「昔のSMAPぽい」と書きましたが、それは懐かしい一方、時代にはそぐわなくもなってきていたのかなと。 楽曲は、スタイリッシュで、いわゆるジャニーズ歌謡っぽくない新境地を開拓しています。そこは悪くないかなと思うんですけど、メロディラインの切れ目がわかりにくかったりするのは、ヒットの観点から見るとマイナス。詞の乗り方も歌い方もそんなに巧みなわけではないので、持て余している感があったりもします。

 個人的には「BANG!BANG!バカンス!」くらい吹っ切れているのなら面白がれるんですが、そこまで突き抜けているわけでもなく。
 ま、チャレンジを続けていればこういうこともある、くらいで、あんまり先行きの悲観もしていなかったりはしますが。


posted by はじ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー男性(さ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。