2008年02月25日

モーニング娘。「みかん」

みかん
みかん
posted with amazlet on 08.02.25
モーニング娘。 つんく 鈴木Daichi秀行 鈴木俊介
ZETIMA (2007/11/21)
売り上げランキング: 25125


<万人に届けようとする呼びかけ>

 35枚目のシングル。今回は、通算25人となっているらしいメンバーの入れ替えなどもなく、前作「女に 幸あれ」と同じ9名で歌っているとのこと。

 このところパーソナルな内容、かつ歌謡曲な曲調が再び目立ってきていたモー娘。ですが、今回は思い切りソーシャルな歌詞です。『何度も夢を見てきた/あきらめたりは出来ない』と型どおりのメッセージを押さえたり、『苦手な/人だからこそ/大切だろう』と、標語みたいな呼びかけをしたり。内向きの言葉ではなく、外に開けたメッセージになっているのがわかります。
 特に、『愛する星に生まれて』とか『人生は一回』とか、やたらと壮大なスケールの表現が入っているのが大きな特徴。これまででも、地球を持ち出すこと、多かったですよね。単に歌詞のインパクトを出すというだけでなく、いわゆる「国民的アイドル」という矜持もあってのものなのでしょう。そうやって幅を広げるぶん、共感しにくくなるという問題点もあるのですが…
 『女の子でも 男の子でも/おんなじ ことじゃん』『どんな人も朝の陽は/包まれる』とか、すべての人に届けようという意志があちこちのフレーズから感じられるのも、広く広くメッセージを発していくというスタイルの一環なんでしょう。

 そういうわけで、モー娘。らしい一曲という感じですが、アッパーで元気な曲調と内容に対して「みかん」というタイトルがかなりインパクト大。
 「未完」とかけて、まだまだこれから進んでいく!というつもりで名付けたのかなあ…なんて考えましたが、何でも「冬の定番の中で、コタツなどと違って『育つ』もの」だから、というのが由来なのだとか。あれ、想像とそんなに間違っていないか。
 由来からすると「冬の曲」という位置づけにあるのですが、歌詞も曲調も、あんまり冬っぽくはありません。なので、これはわざと引っかかりを作って「なんだろう?」と思わせるつんくの手法ですね。


posted by はじ at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(ま行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。