2008年01月27日

BUMP OF CHICKEN「花の名」

花の名
花の名
posted with amazlet on 08.01.26
BUMP OF CHICKEN 藤原基央
トイズファクトリー (2007/10/24)
売り上げランキング: 4082


<「言わないで伝える」表現への飛躍>

 映画にも合った、シンプルなアコースティック調の楽曲です。勢いに乗った荒削りなロックテイストはないですが、しみじみと聴かせる雰囲気が出ていますね。「supernova」辺りでも感じましたが、こうしたタイプの楽曲も、すっかり板についてきたように感じます。

 バンプの詞世界の根幹にあるのは、自問自答の中で力強く答えを導き出す大きなメッセージ性です。特に、インディーズ活動をしていた初期から人気を拡大していった時期には、寓話的なストーリーだったり抽象的なイメージを用いたりした作風が、その大きな特徴でした。
 細かく設定した世界と、明確なプロセスを持った歌詞。自分はそれを「オンリー ロンリー グローリー」のレビュー時に「箱庭療法」のようだと書いた覚えがあります。

 『簡単な事なのに どうして言えないんだろう/言えない事なのに どうして伝わるんだろう』
 この「花の名」は、ゆったりした曲調と、上記のフレーズで始まります。
 伝えたい「簡単なこと」は、言葉ではなかなか言うことができない。でも、言わなくても、伝わったりする。これは、曲の中核に当たるサビのフレーズ『あなただけに 聴こえる唄がある』に繋がってくると同時に、作詞者の藤原基央自身の表現の変化にも繋がってくるように感じました。

 あなただけに、僕だけに、歌える、聴こえる唄がある。
 『会いたい人がいるのなら それを待っている人がいる』…
 この曲の歌詞は、それ以上のことは言いません。だから元気出せ!とか、前を向いて進め!なんてことは言いません。せいぜい『涙や笑顔を 忘れた時だけ/思い出して下さい』と言うくらいで、思い出したらどうなるか、どうするべきかを語ったりはしていないのです。…それは、あえて言わなくても、聴き手にじんわりと伝わるものがあるはずだ、と考えているからでしょう。
 すべてを説明したり、明確なメッセージにまでせずに、メッセージに余韻を残す。どう受け取るかは聴き手に委ねる形になっている、とも言えます。「あなた」はたくさんの花たちと変わらないものかもしれない、と言いつつ、それがどういう意味なのかは聴き手がそれぞれに感じるしかありません。『会いたい人がいるのなら それを待っている人がいる/いつでも』の後に「だから…」と続いてはいかないのです。

 曲調と展開も、こうした性質の歌詞を支えています。アコースティックな雰囲気だけど、2コーラス以降にバンドが加わってくると、そこに力強さも感じさせるバッキング。静かな印象ながら、ラインだけを追うと実はファンファーレのようなサビ頭のメロディや、ラスト近くのドラムロールあたりからも、芯のブレない、確固とした意志が宿っているかのよう。
 まるで、「言う」だけでは形にしきっていないメッセージが聴き手に「伝わる」ように、音で支えているかのようだと思いませんか?

 ひとつの物語を紡ぎ上げ、ひとつの明確なメッセージに昇華するスタイルは、大きなカタルシスが得られる作り方です。この曲のような、聴き手がしみじみと噛みしめるタイプはピンと来ない、という人もきっといることでしょう。
 でも、この変化は間違いなく「成長」だと思うのです、良かれ悪しかれ。言葉を費やさなくても「伝わる」んだ、という自信ができたからこそ、最後まで語らない作風にも挑戦することができたのでしょうから。


posted by はじ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー男性(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。