2007年09月13日

過去ログ発掘のコーナー その23。

 メールマガジン「現代ポップス雑考。」のおまけコンテンツ「今日の一曲」。
 毎回そのときの気分で一曲選んで紹介するこのコーナーのバックナンバーから、新しいレビュー更新が滞ったとき、ちょこっとずつ抜き出して紹介していきます。メルマガを読んでいない人にはちょっとした暇つぶしに、読んだことのある人にも何か新たな発見があれば幸いです。



≪現代ポップス雑考。≫ Vol.008 2005/07/31
#フォーレ「レクイエム」


 調子悪くって、あんまり動かずにいます。といっても最近の土日は、休むかブログ更新かという感じなので、あんまり変わってないんですが…

 フォーレはフランスの作曲家。ドビュッシーやラヴェルに影響与えた人、だったかと思います(あいまい)フランス音楽ってのは繊細で優美という特徴があるんですが、この人はドビュッシーやラヴェルと比べると華がなく、やや地味な印象なんですね。だから知名度も低めなのかなと思うんですが、でもなんというか、枯れた味わいがあって、個人的にすごく好きなのです。「幽玄」と言うとわかりやすいかな。

 このレクイエムは、モーツァルトの重々しいレクイエムとも、ヴェルディの激しいレクイエムとも違い、まさに魂が浄化され天上に昇っていくかのような、光に満ちた曲なのです。クラシック業界では上記の2曲とあわせて3大レクイエムと呼ばれたりするようですが、ダントツで好きです。

 で、このレクイエム、調子悪くて寝込んでいるときに必ず聴きます。美しい響きが体中に染み渡ってくるようで、すごく安らぐんですよねー。…そのまま昇天してしまうとマズイですが。
 手持ちのCDは、アンドレ・クリュイスタンス指揮/パリ音楽院管弦楽団。他にもっといい録音がありましたら教えてくださいー。

フォーレ:レクイエム
フォーレ:レクイエム
posted with amazlet on 07.09.13
クリュイタンス(アンドレ) フィッシャー=ディースカウ(ディートリッヒ) アンヘレス(ヴィクトリア・デ・ロス) エリザベート・ブラッスール合唱団 ピュイグ=ロジェ(アンリエット) パリ音楽院管弦楽団 フォーレ
EMIミュージック・ジャパン (2002/03/06)
売り上げランキング: 1650





 親類に不幸がありまして、そのため週末まで更新が止まります。


posted by はじ at 06:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 過去ログ発掘。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。なんとなーく辿り着いたのですが、面白いですね。
こういう音楽についてのブログってJ-POP(特にアイドル系)なだけで否定的になられる方が多いと思ってたので新鮮です。私は歌詞に惹かれるタイプで、アイドルの曲にも好きな歌詞とかあるので、そんなにJ-POP嫌わなくてもいいじゃんと思うのですが。
TOPに貼ってある前のブログも覗かせていただきました。ちょくちょく来たいと思います。では。
Posted by まい at 2007年09月14日 17:57
>まいさん
はじめまして!コメントありがとうございました。
お返事が遅くなってすみません。

「J-POP全般を、偏見を持たずに何でもレビューする」「歌詞を重視して読んでいく」というのは、まさにこのブログ立ち上げ当初からのポリシーなので、そこに共感していただけるというのはとても嬉しいです。
慢性的にレビュー時期が遅れ気味ですが、暖かく見守っていただければと思います。よろしくです!
Posted by はじ(管理人) at 2007年09月17日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。