2007年06月22日

過去ログ発掘のコーナー その17。

 メールマガジン「現代ポップス雑考。」のおまけコンテンツ「今日の一曲」。
 毎回そのときの気分で一曲選んで紹介するこのコーナーのバックナンバーから、新しいレビュー更新が滞ったとき、ちょこっとずつ抜き出して紹介していきます。メルマガを読んでいない人にはちょっとした暇つぶしに、読んだことのある人にも何か新たな発見があれば幸いです。



≪現代ポップス雑考。≫ Vol.052 2006/06/17
#FANATIC◇CRISIS「MASQUERADE IN THE ROOM」

 『愛もジェラシーもコナゴナにしちゃえば分からなくなるよ』

  今回はぐっとマニアックに、90年代ビジュアル系バンドFANATIC◇CRISISの2ndアルバム「THE.LOST.INNOCENT」収録の一曲を。
 分類上はビジュアル系といっても、彼らにはゴスっぽさはカケラもなく、どちらかと言わずともストリートっぽい雰囲気。そんな「普通さ」で、ある意味際立っていた存在でした。

 彼らの2ndシングル「SLEEPER」に惹かれ、注目していたんですが、この2ndアルバムは非常にバラエティに富み、色彩も豊かで、個人的に隠れ名盤と思っています。(1stアルバムはあんなに一本調子だったのに…)
 バンドにしてはシンセ音を多用しまくりですが、これは今でいうミクスチャーバンドに通ずる音楽感性だったのかなと。

 で、そのアルバム中でも異色のナンバーがこちら。基本的にポジティブな彼らにしては、珍しく非常にかなり退廃的な内容になっていて、囁くように『二人壊れちゃおうよ』と誘ってからの上記の一節は、非常に印象的に響いてきます。

THE.LOST.INNOCENT
THE.LOST.INNOCENT
posted with amazlet on 07.06.22
FANATIC◇CRISIS Tsutomu Ishizuki Yoshihiro Kambayashi FtC
フォーライフミュージックエンタテインメント (1999/02/24)
売り上げランキング: 65022



 このアルバムは密かに名盤です。「火の鳥」「Maybe true」などシングルが5曲も収録されているほか、他にも「メビウスリング」「龍宮」「月の虜」など、クセはあるけど紹介したい曲ばかり。

 とりあえず先週からやたらと忙しいです。しばらくいいペースだったのですが、まあ少々ゆったり見守っていただければと。


posted by はじ at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ログ発掘。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。