2007年06月01日

平井堅「君の好きなとこ」

君の好きなとこ
君の好きなとこ
posted with amazlet on 07.05.31
平井堅 亀田誠治 中西康晴 HALFBY
DefSTAR RECORDS (2007/02/28)
売り上げランキング: 8056


<ただ列挙するだけじゃない、より深く印象付けるためのテクニック>

 本格男性R&Bシンガーから、最近はすっかりポップス職人に移行しつつある平井堅です。今回のこの曲は、なんというかまさにJ-POPど真ん中とでも言うべきポップさに溢れた一曲になっているなあと。

 列挙、というのは非常にシンプルかつ効果的な表現手法です。たくさん重ねれば重ねるほど、気持ちの強さがそこに立ち表れてくるのですね。この曲の場合は、タイトル通り「君の好きなとこ」を列挙して、それだけ好きだという感情を強く伝えられているわけです。

 こういう風に「君」の特徴を挙げていくのは、パッと思い浮かぶところではMr.children「over」とかでしょうか。こちらはもう会えなくなった「君」のことを幾つも思い出すことで、失恋後も引きずっている思いの深さを表しているのですね。
 この手の「過去」を列挙する歌は、特に感動を与えやすいもので。卒業式の答辞で、「みんなで行った遠足」「クラス一丸となった運動会」…とか、行事の数々を振り返っていく時って、やっぱり泣きどころじゃないですか。
 なのですが、現在進行形の恋人の好きな部分を挙げるこの歌も、ただ列挙するだけでなく、ひとひねりを加えることで印象を深めていたりします。それは何かというと、『いざ目の前にすると 何も言えなくなってしまう』ってことでして。

 サビ前半を丸々、2コーラスさらにリフレインに至るまで同じフレーズを繰り返さず(ここに、列挙の手法を最大限に活用しようとした意図が見て取れます)多数挙げて、こんなにも「僕」は「君」のことが好きなんだ、と訴えかけてきながら、実際に会ったら『一つも言葉に出来なくて』…ただ好きだという感情をまっすぐにアピールするのではなく、そこに「うまく言えない」という逡巡を付加する。そうやって、じれったさやもどかしさといった心のひだをくすぐる感情を混ぜ込み、そしてまた、「うまく表せないのは、本当に好きだから」というような主張も暗に潜ませることができているのですね。
 実際、好きなのにうまく「好き」と伝えられないというのは、共感する人も多いことでしょうしね。『困った顔 見たくて いじわる言ってみる』なんて辺りも、特に男子連中にとっては、わかるなーとうなずける人ばかりなのではないかなと。 ところで、「君の好きなとこ」を列挙していく際、より大事なのは「類型的になり過ぎない部分を指摘する」ことだったりします。

 たとえば、容姿そのものを挙げるのはNGですよね。顔が好き、スタイルが好き、なんて言ったら嬉しがられるどころかヘタしたら殴られます。
 まあ、フツーに考えて「私のどこが好き?」って言われたとき、こう答えたりしたらもうアレですしね。ええ。

 そうすると、外見だとやっぱり目とか口元とかになるし、もしくは優しいところ、一緒にいると落ち着くなんていう方向になってきます。で、さらにこの時、より細かいほうが、より一般的でないほうが実はよいのですね。
 『長いまつげ 耳のかたち』『片方だけできるエクボ』…この辺りは、かなりニッチなところをピックアップしています。別にフェチとかマニアックというわけではなくて、そういう部分を挙げるほうが、「君」のことをよく見ているんだよというアピールができるわけですね。
 さらに同時に、「君」という個人に特有の部分が好きなんだと言うことで、そんな好きな特徴のある「君」は特別な存在なんだよ、と訴えかける効果も生まれます。ほめるときは一般的なことを漠然とほめるんじゃなく、その人に特有の部分を見つけてほめる。これ、口説きのテクニックにも使えそうですね。

 また、『ぐしゃぐしゃ泣き顔』『切りすぎた前髪』『酔うとすぐ寝るくせに 帰りたくないとすねる』など、一見マイナスに思える箇所をあえて好きだと言うのもポイントですね。悪いところ、嫌なところも好きなんだとすることで、「君」のすべてを受け止められるとアピールすることができるわけです。
 ただ、こちらは恋人同士だからこそでしょうか。こういうのは「弱さも預けられる人」なんだと思ってもらえているからこそ成立するものなので、まだ気を許してもらっていない相手を口説くときに使うのは、逆効果かもしれません。

 いつの間にか話の方向性がズレましたが、ただ「好きなとこ」を列挙するだけではなくて、より聴き手にも響くように考えて言葉をつなげているんだなあ、というお話でした。


posted by はじ at 02:14| Comment(2) | TrackBack(0) | J-POPレビュー男性(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
au「リスモ」のCMソングであるEXILEの最新曲『Pure』ですが、
http://www.kddi.com/lismo/
サビの出だしが平井堅の『君のすきなとこ』に似ているということでネット上では話題になっていますね(笑)。
Posted by 金魚花火 at 2008年02月16日 16:53
>金魚花火さん
聴きましたー。似てはいますが、たぶん平井堅の前にも誰かが同じような旋律を歌っていると思います…正直、けっこうある種のメロディラインだと思いますし。
竹内まりや「カムフラージュ」も、確かこんな感じだったはずです。

「似ている」というのは、正直探せばいくらでも出てくる類のものなので、あんまり一喜一憂しているとキリがないですね。
Posted by 柚木はじめ(管理人) at 2008年02月23日 23:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。