2006年12月16日

綾瀬はるか「交差点days」

交差点days
ビクターエンタテインメント
綾瀬はるか , 一青窈 , 小林武史 , 名越恵子 , 清水ひろたか

このアイテムの詳細を見る


<作り手と歌い手がすり寄って、新鮮な王道スタイルができる>

 デビュー曲「ピリオド」に続き、小林武史プロデュースのセカンドシングル。しかも今回は作詞に一青窈も加わり、これは先に紹介したSalyu「name」と同じ布陣になっています。
 が、感情を純化させ透き通るように煮詰めてあったSalyu楽曲に対し、こちらは非常にあっさり味に仕上がっています。小林武史色は前作に比べるとかなり薄く、しっとりめなアイドルポップス王道という印象が強いですね。

 それにしても『たった15分でも/歯が痛くても飛んできて』とか、『誤魔化しきれないあたしを差し出します』とか…一青窈がこんなに清純派アイドルな歌詞を生み出せるとは。クレジット見るまで気がつきませんでした。確かに「らしさ」も香ってはいるけど。

 綾瀬はるかの声はニュートラル、まあ特徴のない普通の声なんですけど、そのニュートラルさが一青窈の濃い味をすっと薄めている感じ。それが物足りないか聴きやすいかは個人差が分かれるでしょうけど、Salyuのように作るわけにも行かないですし、正しい選択だったんじゃないかなと。
 もともと歌手じゃないし声量も控えめですが、でもメロディもちょろっと工夫されていたり。高音の前にはかならず手前に踏み台に鳴る音が配置されていたり、『ここにきて誰かのために/生き抜くと決めちゃいました!!!』の最後のハイトーンを伸ばすかと思いきや、バックと合わせて階段状にさくさくと下っていくのですね。こりゃきっと声がそんなに伸びないためなんでしょうけど、その辺りをうまくフォローしてアレンジされているなあと。…しかしこの「!!!」とかも一青窈が描いたのかー。

 『勝ち負けのない明日を見て』なんてメッセージも、このくらいの軽さのほうがいいのかもしれません。一青窈本人やSalyuが歌ったら、ずっしり腹にたまってしまいそうですし。
 デビューの「ピリオド」は小林武史に塗りつぶされてしまっていた感がありましたが(それはそれで小林武史好きには面白かったですが)、今回は綾瀬はるかという素材でできること、生かせることを詰め込んだ良質な楽曲になっているんじゃないかなと思いました。


posted by はじ at 21:36| Comment(4) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(あ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 僕は小林武史信者ですが、この「交差点days」は前作の「ピリオド」より楽曲的には上だと思いますよ。結構有線でもかかっていたし。ある人のブログには、「普段アイドル系の音楽を流さないようなFM曲でも、小林武史のネームバリューのおかげなのかこの曲が流れていた」とも書かれていましたね。<br />
 楽曲の面で言うと、イントロがミスチルの曲で聞いたことがあるようなシンセの音色だったのはご愛敬ですが、マイラバ時代とはちょっと違った女優物アイドルポップになっていましたね。それにしても、まさかあの一青窃が「あなたのために生き抜くと決めちゃいました!」なんてアイドルっぽい曲を書くとは思わなかったですけど(笑)。<br />
 さて、最近は人気若手アイドル女優の歌手デビューが相次いでいますね。沢尻エリカが「kaoru Amane」名義で出した「タイヨウのうた」は大ヒットしましたし、長澤まさみが「星泉」名義で「セーラー服と機関銃」をカバーしたりしていますね。でも、綾瀬はるかはこれらの女優の中ではまだ歌唱力は高いほうなのに、セールス的には劣っていますね。やっぱり、沢尻エリカや長澤まさみの場合はドラマの主題歌というタイアップが付いているのがセールス的に有利になったのでしょうけどね。綾瀬はるかはノンタイアップだったのがまずかったのでしょう。<br />
 ちなみに、次に歌手デビューする若手女優は堀北真希なのではないかと予測する人が結構多いみたいですね。ある掲示板には、小林武史が綾瀬はるかをプロデュースしたように、以前SPEEDのプロデューサーだった伊秩弘将に堀北真希を手掛けてもらいたいなどという書き込みがありましたね。
Posted by シスターチルドレン at 2006年12月17日 17:23
一青窃はびっくりでした。でも随所に言葉遊びがあって彼女らしいなあとも感じたりもするんですよね。<br />
上では書き忘れましたが『らるらら遥かから始める一歩』なんてのも、きっとわざと「はるか」って入れているんでしょうし。<br />
<br />
女優は詳しくないので堀北真希も名前くらいしか知らないんですが、そんな自分がつくづく気になるのは、役名で曲を出すことが当たり前になって、しかもそれがヒットするって点ですね。<br />
昨年はそうした企画が次々当たりましたが、この流れはいつの間にできたんでしょうねえ。やっぱりRUIが大きいのかな。
Posted by はじ(管理人) at 2006年12月18日 00:17
 それにしても、このサイトは情報量が多いから、ページを開くのにいつも時間がかかりますね・・・。もっとカテゴリーを細かく分類してほしいと思うのですが・・・。<br />
 それはともかく、RUIというのは、柴咲コウが「月のしずく」を歌ったときの名義でしたね。確かに、彼女は女優の中では一番歌唱力があると思いますよ。
Posted by シスターチルドレン at 2006年12月18日 08:34
時間がかかるのはおそらく、ここのポータルのサーバーが重いからだと思われます。本当は独立してみたいんですが、ちょっと現状時間がないのです。すみません〜。<br />
カテゴリーは、これ以上細かくなるとむしろ非効率的な気がしています。<br />
<br />
RUIに関しては、キャラ臭があんまりなかったこと、曲に世界観(そのキャラを名乗る必然性)があったこと、何よりヒットしたことが大きいのではと。
Posted by はじ(管理人) at 2006年12月21日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。