2006年08月12日

島みやえい子「ひぐらしのなく頃に」

ひぐらしのなく頃に
フロンティアワークス
島みやえい子, 中澤伴行, 高瀬一矢

このアイテムの詳細を見る


<ダークなサウンドとダークな言葉、そこに絡まる日本的な怖さ>

 テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に」オープニングテーマ。
 このアニメ、もともとは同人サウンドノベルゲームが原作で、ものすごいブームを巻き起こしました。ちょうどこの夏のコミックマーケットにて、シリーズ8作目に当たる完結編がリリースされます。

 このゲーム、はっきり言って面白いです。オタク要素も多いのでそういうのに激しい抵抗がある人はちょっと不向きですし、正直言って文章自体はそんなに上手いわけじゃないんですが、かなり怖いです。…そう、ホラー&ミステリーなんです、この作品。絵柄に似合わずというか、この絵柄だからこそというか…
 お時間と興味のある方、第1作目が公式サイトで「体験版」として無料ダウンロードできるので、ぜひプレイしてみてくださいませ。後半から世界が一変する怖さ、これはぜひ体験してもらいたいところ。
 最近は漫画でも多面展開しているので、「同人ゲーム」と聞いて抵抗がある人は、そちらから入ってみてもいいかもしれません。…本当はゲームから入ってもらうのが一番なんですが。


 というわけで宣伝はこのくらいにして、アニメのほうのこの曲も、妖しげでダークな雰囲気に満ちています。浮遊感を感じさせつつノイズっぽいものが混じるバックと、何かの呪文めいたコーラス。そこに『雨だれは血のしずくとなって』とか『ひとりずつ 消されてゆく』というような、不穏な印象を与える言葉が乗ってきています。

 そしてそこに重なる、『鬼さんこちら 手のなるほうへ/どんなに逃げても 捕まえてあげる』という遊び歌をベースにしたフレーズ。この言い方と全体の雰囲気で、なんとも言えない不気味さ、薄気味悪さが漂ってくるのですね。
 『この指とまれ 私の指に/その指ごと 連れてってあげる』も同様。冷静に考えると、連れて行かれるなら「その指ごと」なのは当たり前といえば当たり前なのですが…でも、わざわざこういう言い方をされると、「えっ」とちょっと戸惑わされます。なんだか不安にさせられる響きですよね、これ。

 『ひぐらしが鳴く』夕暮れ、俗に言う「逢魔が時」の風景。遊び歌とひぐらしといった日本的なイメージを多用しつつ、あっちの世界に誘われているような「怖さ」を感じさせます。


posted by はじ at 16:00| Comment(2) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(さ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
冒頭のコーラス部分、逆再生すると『逃げられない』と歌っているんですよね……<br />
小ネタが効きすぎてある意味怖いです(汗)
Posted by るー at 2006年08月15日 23:10
あ、そうだったんですか!うわあ。また、凝ってますねえ…<br />
<br />
絶対にこうして話題にされることを狙っての「仕掛け」ですね、これは。<br />
アニメとかのサブカル界隈って、やっぱりネットとの親和性が強いこともあって、こういう仕掛けを作るのがうまいですよね、やっぱり。<br />
涼宮ハルヒのアニメ公式とかもいろいろやってましたし…アニメ観てないのに、ネットで話題になるのでそういうことだけは知っている自分。<br />
<br />
今やマーケティングは「口コミ」の時代ですが、やっぱりオタク業界はこの点一歩先をいっていると思います。わりとムチャできる、際どいものにゴーが出やすいって性格もあるからだとは思いますけどね。
Posted by はじ(管理人) at 2006年08月16日 23:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。