2006年05月15日

レミオロメン「太陽の下」

太陽の下 (通常盤)
ビクターエンタテインメント
レミオロメン, 藤巻亮太, 小林武史

このアイテムの詳細を見る


<広々とした空と大地の中で、一人はるか彼方まで思いを巡らせたたずむ視点>

 超ロングヒットとなった前作「粉雪」に続くシングル。大ヒットの後でどう来るかなと思っていたら、彼らの持ち味を存分に発揮したミディアムナンバーでした。「アカシア」「南風」が好きな人にはきっと気に入るんじゃないでしょうか。
 派手な曲ではないですが、そのぶんなのかキーがかなり高めな感じです。

 前述の「南風」やまたは「蒼の世界」のときにも書きましたが、他にない彼らの音の魅力は「あたたかさ」と「土の匂い」だと感じていて。今回は、特にその点が目立つ曲だなあと。『ぼんやり日が落ちて 輝く星 太陽の贈り物/曖昧な地平線』という描写や、世界中の人たちの生活を『地球で踊るんだ』と表現したり、日なたでゆったり物思いにふけっているような心地で、のびのびとしたイメージを抱くことができます。

 「土の匂い」にもつながるんですが、しっかり地に足をつけている姿が詞の中から浮かび上がってきます。地平線の向こうに思いを馳せるのもそうですし、『遠くのランドマーク』を見つめるのも、月明かりを『僕らはただ それを見上げていた』というのも、すべて広々とした大地の上に立っている視点から描かれているわけですね。「自然」を賛美するというわけではなく、「大地」に根ざして物を思う、そんな印象。
 この立ち位置から、「蒼の世界」では地上の風景や大地への回帰を、「粉雪」では降りしきる雪を見上げ、そして今作ではタイトル通り「太陽の下」での暮らしを描いているんだなあ、と感じるんです。


この記事へのコメント
「蒼の世界」、「粉雪」、「太陽の下」のそれぞれの世界観を<br />
考えて詞を見たことはなかったので<br />
今回のレビューは印象的でした。<br />
<br />
具体的な風景の描写が濃く描かれてるわけでもないのに、<br />
その情景が目に浮かぶような歌詞を創りあげるレミオロメンは<br />
素晴らしいアーティストだと思います。<br />
Posted by Hi_ro at 2006年05月16日 14:23
レビューとは関係ないかもしれませんが、「子ぎつねヘレン」のエンディングで流れたのは良かったですねぇ。一見(一聞?)の価値アリかも。<br />
Posted by f at 2006年05月16日 17:42
ボーカルの人実は妻子がいたらしいですよファンはがっかりですよ。もうスキマスイッチだな。
Posted by 硬水 at 2006年05月17日 00:47
>Hi_roさん<br />
長く続けていると、前に書いたことからいろいろつなげて書けるので、内容に広がりを持たせることができるのでいいですね。<br />
確かにレミオロメンはそれほど具体描写じゃないんですよね。でもイメージが浮かぶ。<br />
<br />
>fさん<br />
「子ぎつねヘレン」も気になりますが、個人的には「いぬのえいが」を観てみたいです。<br />
<br />
>硬水さん<br />
そんなにがっかりするものですか?まあちょっと驚きでしたけど。むしろこういう安定した歌詞を歌えるのは、結婚してたからだったのかも…と納得したりもして。
Posted by はじ(管理人) at 2006年05月23日 00:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。