2006年03月05日

弁護士 丸山和也「浪漫(ゆめ)-さらば昨日よ-」

浪漫(ゆめ)さらば昨日よ
アール・アンド・シー
弁護士 丸山和也, 荒木とよひさ

このアイテムの詳細を見る


<キャラクターの魅力に合致し、全年齢に対応する言葉>

 丸山弁護士、マラソンに挑戦したかと思ったら、次は歌手デビューでした。名前に「弁護士」が付いているあたり、狙いがハッキリ見えてますねー。

 とはいえ作詞が荒木とよひさで、『空を心に抱き』とか『夕やけは いつもバケツの穴ぼこ』みたいな実に味わいのある言葉で彩られていて、なかなか侮れない感じ。熟年の歌い手が『一度しかない人生』というと、やっぱり若人には出せないものが立ち昇ってきますよね。しかも他人に言い聞かせているのではなく、自分自身に。『喧嘩するなら今』と、まだまだ気力をみなぎらせている姿を描いているわけです。これもマラソンのぶん説得力増してるのかな。
 「まだまだ若いものには負けん」とかそういうことも言わず、『熱き少年なら』と今も少年なんだと主張する。近い世代の方はこれを聴いて発奮するでしょうし、キャラクター的に若者にも説教臭くならないのが大きいですね。

 メロディ、純粋な演歌というよりはポップスに近い部分もありますよね。「サライ」とかに近い、歌いやすさ馴染みやすさを考えられて作ってあるフシがあります。
 歌もなんというか、らしいというか、楽しげに歌っているイメージがすぐ浮かんできますよね。上手い下手じゃ計れない魅力があると思いますし、この歌の雰囲気だとむしろ下手なほうが逆にいいくらいですし、面白いんじゃないでしょうか。

 にしても『それが男の浪漫』の「それ」が何を指しているのか、さっぱりわかりません。完全に「それが○○だ」という響きのよさだけになってますねー。ある意味、潔い。


posted by はじ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー企画もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。