2006年01月02日

東京事変「修羅場」

修羅場
東芝EMI
東京事変, 椎名林檎, ネッド・ドヒニー

このアイテムの詳細を見る


<やや内にも向かった演奏、矛盾を含む強い感情、じわじわと迫りくる「情念」の空間>

 相変わらずの林檎テイストが満々ですが、それでもやっぱりメンバーが変わったことによって、確実に音が変わっている部分があるなあと。今までの東京事変、「群青日和」「遭難」とかは、とにかくわーっと各自突っ走る、衝動的な面が濃かったように感じていたのが、この曲ではそれがだいぶ抑えられている風だなあと。や、もちろん個人個人の音は相変わらず鋭いですし、お互いを刺激しあってもいるんですが、それがどどっと押し寄せるように迫ってくるのではなく、背後に潜ませにおわせている感じというか。
 新メンバーの浮雲・伊澤一葉ご両人の顔見せの意図なのか、それぞれギター・キーボードソロが割り振られているんですけれども、明らかに感情がこもったプレイでありつつも、過剰さはないですよね。クールさ、クレバーさを感じさせるなと。次のアルバムが「大人(アダルト)」なのも、なるほどなあ…と。

 まあ、そんなところもありつつ、椎名林檎の歌詞世界は相変わらずでありつつで、今回の曲は「情念」を強く感じさせるなあというのが率直な感想です。表にはそれほど出さないけれども、奥では強い感情が渦巻いている…みたいな。
 そしてその「情念」は、「相手を好きになる/想い悩む・苦しむ」「相手を忘れる・失う/楽になる」の狭間で逡巡する感情…と読めるかなと。前二作までと同じく、アンビバレントを内包した思いですね。「貴方」を愛するが故に傷ついてしまう、逆に言えばそれだけ激しい自分の感情に振り回されていると見られます。
 理性では『一層この侭通わないとて構わない』『揺れては末(おわり)』『是以上識りたくなどない』と、「貴方」から遠ざかろうとしている、あるいは自分自身に言い聞かせようとしているようです。しかし、本心では、そんなことはできないわけですね。『何方か(だれか)に会えば記憶を奪取まれよう(ぬすまれよう)/喉を使えば貴方が零れ出で溢れよう』…ここは、誰かに口を開けば「あなた」のことばかりを話してしまう、ということなのかなと。

 今回は前二作に比べるとなかなか難解で、これ以上踏み込むともうそれは個人の主観に過ぎなくなりそうなので、ここまで。また他にも、心中の歌だとか、「貴方」には別の想い人がいるとか、そういう解釈もできるかなーと。そっちのほうが「修羅場」って感じですし。
 ま、でも根本にあるのは「貴方」への想いが募りすぎて苦しんでいる、というところで間違いないかなと。シンプルな感情のはずなのに、どこまでも複雑に膨らみねじ曲がり混沌としていく胸の内、そういう「情念」を表現したいがために、椎名林檎の世界はこういう小難しい表現方法になるのかなあ、とちょっと思いました。


posted by はじ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(た行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。