2005年12月13日

宇多田ヒカル「Be My Last」

Be My Last
東芝EMI
宇多田ヒカル

このアイテムの詳細を見る


<退廃と清々しさが奇妙に入り混じり、内向きに反転する世界>

 自分が解釈したままを述べるならば、この歌は「心中」の歌ととるのがもっとも妥当なんじゃないか、と考えています。
 後悔のようで、しかし少しも後悔はしていないような、そんな不思議な感情が、この歌にはあるように感じます。後ろ向き、否定的な語を並べながらも、それほど迷っているようには感じられないのです。『間違った恋をしたけど/間違いではなかった』とあるように、間違えたことこそが正しい選択だったんだとでも言うかのようなフレーズ。負け惜しみでも開き直りでもなく、これでよかったんだという奇妙な安らかさが滲んでいるように思えます。そんな、陰気なはずの空気の中の奇妙な清々しさが、死を決意した人間の感情と重なってくるような気がするのです。
 『慣れない同士』の自分と「Be my last」=「一番大切な君」を、『何も繋げない』『私の手で』…

 とはいえ絶対に心中の歌だ、なんて言い切るほどの自信はないです。ただ、たとえば『今夜一時間会いたい』とあるけれども、それじゃあ会って二人はどうするのか?と想像したときに、まったくその先の未来が思い描けなかったりするんですよね。非常に刹那的だし、危ういムードだし、上記のようにどこか悟ってしまっているしで。
 ただし、『バラバラになったコラージュ/捨てられないのは』の、この「捨てられない」だけが、わずかに未来を感じさせる言葉になっています。もしかしたら、バラバラの欠片を捨てられないまま、ずるずると生きていく…そんな歌なのかもしれないなあ、とも思います。

 どちらにせよ、今までの宇多田ヒカルの楽曲を省みると、ほとんど初めてと言っていいくらい、「内側」へ向かう要素で構成されている歌です。
 「誰かの願いがかなうころ」もシリアスなムードの曲でしたが、あれは周囲すべての人を巻き込むほどの「外側」へと呼びかける歌だったことを考えると、ほとんど反転していると言っていいくらいです。『母さん』への呼びかけも、これは身近な人に縋りつきたい自分の心情を吐露しているだけです。
 この「内向き」な音楽が誕生した背景は何か?…三島由紀夫ファンである彼女が自ら入れ込んで作ったから。…アメリカ進出に失敗した影響。…心境の変化。…迷走。あれこれ想像する余地はありますが、その辺りは当ブログの領分ではないので省きます。

 ただ、宇多田ヒカルの起こしてきたムーブメントは、「内向き」気味な社会に対し「外向き」の言葉を無邪気かつ巧みにぶつけてくる強さに拠るところが少なからずあった、と思うわけでして。こういう内向的な歌にもやはり独特の風情を漂わせることができる実力者であることは疑わなくてよいと感じるんですが、しかし果たして「外向き」の印象をこちらで上回ることができるかとなると、ちょっとわかりません。


posted by はじ at 02:21| Comment(9) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(あ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕もPC壊れました。最悪ですよ・・・<br />
<br />
宇多田さんの新曲がウィークリーで4位です!<br />
ムカついてますw
Posted by 硬水 at 2005年12月21日 18:16
PCは壊れるとほんと不便になりますねー。やっぱりマメな手入れ&バックアップしないとですね。<br />
<br />
4位でムカツクというのは低すぎるってことでしょうか高すぎるってことでしょうか。
Posted by はじ(管理人) at 2005年12月23日 20:55
あ、ブログ読むと「低い!」のほうのようですね。まあ一時期の彼女からしたら考えられないし、今もそこまでブランドイメージが落ちているような気もしないんで、なんだか不思議です。
Posted by はじ(管理人) at 2005年12月23日 21:02
電源入れても画面が移らなくなってしまいました(汗)これって直るんですからね?いくらくらいするんですかね・・・わかりませんよね(汗)<br />
<br />
それがけっこう落ちてるような気がします。<br />
やはり全米の一件がそれまで特別だった彼女が特別じゃないと思わせてしまったんじゃないかなと。イメージかなと。まあ曲も少しとっつきにくい部分もありますからね。
Posted by 硬水 at 2005年12月24日 18:30
その後パソコンの調子はいかがでしょうか…パソコンって急に症状が治ったりして、でもそれも原因がわからなくて怖かったりしませんか?<br />
<br />
宇多田イメージ落ちてますかー。うーん。まあドリカムもそういう時期がありましたが今では持ち直してきていることですし、宇多田もマイペースでやっていってくれればと思いますね。曲を作ろうと思って作ることもできる人ではありますが、独自の感性をやはり大事にしてもらいたいです。
Posted by はじ(管理人) at 2005年12月28日 02:17
こんにちは。<br />
恐る恐る電源を入れてみたところ、もう終わりました・・・。<br />
液晶にひび入ってるくらいなので・・・やっぱずっと付けてて作業するのはいけなかったのかな・・・。<br />
<br />
宇多田さんがどのくらい曲作りに関して才能があるのか分かりかねますが、そもそもがこの人シンガーソングライターみたいなものだですよね。aikoとかと一緒ですよね?<br />
ジャニーズ会社やエイベックス等、力のある会社に所属しているわけでもないですし、この人の場合ずっと売れるような曲だけ歌っていくのももったいないし、僕もマイペースに思うことやってくれればそれでいいです。頑張ってほしい。
Posted by 硬水 at 2005年12月28日 17:46
どもですー。液晶にヒビっていうのは、もしかしたら画面だけの問題なのかもしれませんよ。本体ではなく。<br />
<br />
自分で曲を作って歌うソロの人はみんなソングライターと呼んじゃっていいんじゃないかと思いますが、既存の売れ線をまったく意識しないで完全に我が道を行きつつ支持されている、というのはなかなか凄いことだなと。<br />
<br />
なんだか最近はちょっと悩んでいる感じっぽいので、吹っ切れてくれればなーと。
Posted by はじ(管理人) at 2005年12月29日 01:12
修理って費用けっこう高くつくんですよね・・・。<br />
<br />
ウタダ、悩んでんですか?!<br />
インタビューとかでEXODUSが大きかった!英語も日本語も関係ないのを示すために早くライブやりたい!とか言ってましたが。。
Posted by 硬水 at 2005年12月31日 00:29
あ、そうなんですか。単純に、上でも書いたとおり作風が内向きになってきているんで、そのへんで気になっているんですよね。試行錯誤真っ最中なんじゃないかと。<br />
まあ、そういうこともプラス思考でできる人だといえばそうなんですが。
Posted by はじ(管理人) at 2005年12月31日 01:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。