2005年08月15日

V6「UTAO-UTAO」

UTAO UTAO (通常盤)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
V6, 御徒町凧, シライシ紗トリ, Coming Century, 六ツ見純代, DREAMFIELD, 清水昭男, MIZUE, COLDFEET, HIKARI

このアイテムの詳細を見る


<肩の力の抜けた、受け入れやすい博愛主義>

 「ウォオ〜オオオ」というコーラス、ハッピーなストリングス、心地よいシャッフルのリズム、それでタイトルが「歌を歌おう」。「WAになって踊ろう」以来、この曲のような博愛精神に満ちたタイプは、ジャニーズの中では彼らが主担当になっているようです。特にこういう、ハンドクラップが似合うような、「みんなで手をつないで」みたいな、大団円を感じさせるものは。

 とはいえ、説教臭さを感じさせない力の抜けたメッセージになっています。タイトルの語呂合わせ的な表現からしての韻踏みとか、『問答無用に注ぐハッピーネス』の「問答無用」とか、『僕ら出会えた奇跡とか』の「とか」とか(わかりにくい!)、ちょっと崩した言い方にして、教科書的、正論を振りかざすような反発をもたれやすい印象を回避しているなあ、と思われる点が随所に見られます。
 音への言葉のはめ方のセンスといい、うまく考えてるなあ…と思ったら、作詞クレジットの御徒町凧って森山直太朗と組んでいる人ですね。いつの間にそんな人脈が。


posted by はじ at 00:42| Comment(4) | TrackBack(0) | J-POPレビュー男性(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
御徒町凧さんと森山直太朗さんは井ノ原君とお友達だからだと思います。<br />
<br />
Posted by 通りすがりのぶい at 2005年08月23日 15:43
はじめまして&情報ありがとうございます!<br />
やー、そうだったんですね。知りませんでした。<br />
ちょっと検索したら、井ノ原くんの本にこの三人でアメリカ行ったこととか書かれているんですってね。へぇ〜。<br />
意外なつながりですけれど、こういうのっていいですね。
Posted by はじ(管理人) at 2005年08月24日 01:16
調子にのってまた来てしまいました。<br />
特にジャニ系中心にレビューを読みいろいろありましたのでその辺を、、、<br />
まず年齢です。<br />
V6は25歳〜34歳のグループ<br />
嵐は20代前半のグループ<br />
NEWSは10代後半〜20代前半のグループ<br />
となってます。<br />
あともう一つはV曲ですがデビュー曲から4曲目のシングルは誰かのカバー曲とのことです。<br />
最後ですがレンタルショップ等へ行き思い出した時でいいのでトニセンのベストアルバムに入っている「ちぎれた翼」が私的におすすめだったりします。このアルバムのボーナストラックに雑談と途中でフェイドアウトしてしまいますが「雲のイメージ」<br />
というのが入っています。これもなかなかかわいい曲なのでそちらの方も聞いていただけたらと思います。<br />
長々とすみません。
Posted by 通りすがりのぶい at 2005年08月24日 23:36
V6ももうとっくに30代突入していたんですね…ああでもそりゃそうなのか…ちょっとびっくりしてしまいました。<br />
<br />
ジャニーズはレビューしているとはいえ普段からガンガン聴いているというわけではない領域なので、こうしてオススメ曲を挙げてくれるのはありがたいですー。機会があれば聴いてみます。
Posted by はじ(管理人) at 2005年08月27日 19:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。