2005年07月30日

三浦大知「Free Style」

Free Style
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
三浦大知, Jam, KMuto, HID, Ryosuke Imai

このアイテムの詳細を見る


<ダンスミュージックからのメッセージは、はたして同世代に届くのか>

 さて、ポップス業界では「歌って踊れる<男性>ダンスミュージック」という新境地のアーティストとして、あるいは「あのFolderのあの子が…」と言われたりして、また「携帯が、変わるよ」のCMでもなんだか物議をかもし出したりしていて、と複数の方面から注目されていたりします、三浦大知です。

 前作の「Keep It Goin’On」でもそうだったんですが、踊りながら歌うということを考慮してか、フレーズの作りが短くなっています。伸びる声しているので、ちょっともったいないかなーという気もしますが。
 また、コーラスが多く、掛け合いのようになっているのも特徴ですね。上記の「踊りながら歌うため」息切れしないようにということも大きいですが、なかなか印象的になっていますね。こういうの苦手な人はダメなんでしょうけれども。

 誰かの真似はやめて、自分らしく生きろ!みたいな、世の少年たちに「Free Style」のタイトルどおり自由な生き方を説いてるんですが、うーん、これってどうなのかな?『誤解はさせときゃいい』とか、同年代へ向けてのメッセージなわけですが、果たして世の男子中高生あたりはこの曲に共感してくれるのかどうか。『壁壊せば 迷路じゃない』とかけっこうアグレッシブなこと言ってるんですが、やっぱりその層にしてみれば、ロックバンドからそう言われたほうがずっとピンとくるんじゃないかと思うんですよね。縛られない、捕われない、そういうイメージも、ダンストラックよりもバンドサウンドのほうが、彼らにしてみては説得力あると思うんです。
 あー、この手の男性ダンサーがいなかったのって、つまりはそういうことなのかなあ。女性だったら同世代同性からの支持を見込めるじゃないですか。でも同世代の男子でこの曲に共感する、というのは、いても少数派な気がします。
 よくできた曲だし、これからの音楽シーンにおいて貴重な人材なのは間違いなさそうなんですが、大ヒットするかというと難しいのかなーと。


posted by はじ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー男性(ま行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。