2005年07月07日

L'Arc〜en〜Ciel「叙情詩」

叙情詩
KRE
L’Arc~en~Ciel, L’Arc~en~Ciel, Hajime Okano

このアイテムの詳細を見る


<不安定ながらも前を見据えた、暗さのない耽美調>

 ひさびさにきました、耽美系ラルク。やっぱね、こうでないと落ち着かないですよ。
 しかもなんかちょっと初期の匂いがします。透明感ある感じ、物語っぽい感じとか、特に。

 ゆらめくような雰囲気、気だるさは、コードに乗り切っていない旋律の不安定さから醸し出されている部分が大きそうです。コードをきちんとなぞるtetsuの作る曲がノリよくポップなのに対し、ken曲の奥深さというのは、そこに由来しているところがありまして。うん、やっぱりken曲がないとラルクじゃないっすね。かと言ってken曲ばかりだとマニアックに過ぎるので、tetsu曲や独自路線のhyde曲も必要なのですが。
 しかし、三者三様で、それでいてバランスよく世界観を作っていくのだから、ラルクというのはやはり稀有なバンドだよなあと。

 内容としては、「あなた」「Pieces」あたりからの流れを汲む、愛の主張です。上の2曲よりもどこかはかなげなのは、がtetsu曲なのに対し、今回はken曲なためでしょうか、やっぱり。『夢なら夢のままでかまわない』というフレーズも、ここしばらくのポジティブ路線からはだいぶ異なりますね。
 とは言え、夢へと現実逃避していくというわけではなく、しっかりと『明日へ向かう喜び』を持っていたり、耽美的ではありつつも退廃的ではない感じですね。サビ後の英詞部分なども、力強いですし。

 とりあえず、世界観の感じられる曲は久しぶりなので、けっこう好きです。ラルクの良さはいろいろありますが、大本になっているのは空間性ある音世界が作れることだと思っているので…


この記事へのコメント
この曲PV見ましたか?<br />
すんごいです。<br />
芸術学校出身のhyde、ラルクらしいこれぞラルクの世界っていう絵画のようだ。
Posted by 硬水 at 2006年02月03日 18:00
や、ちらっとしか見てないですねー。<br />
ラルクのPV、印象的だったのは「虹」でしょうか。あれも独特の美学があって、しかも曲ともマッチしてて。<br />
あと「DIVE TO BLUE」とか。ラルクのPVって本人達のカッコよさもアピールしつつ、美学とか毒とかも混ざっていて面白いものが多いですよね。<br />
<br />
「STAY AWAY」とかは、別の意味で印象的ですが…
Posted by はじ(管理人) at 2006年02月04日 20:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。