2005年05月14日

安室奈美恵「WANT ME,WANT ME」

WANT ME,WANT ME
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
安室奈美恵, MICHICO, D.O.I., AKIRA, JUNYA ENDO

このアイテムの詳細を見る


<インパクトあるループサウンドと、流動的な言葉。両方の側面からの挑発と煽動>

 下北沢の商店街でこの三味線(?)のイントロが流れたときは、何事かと思いました。ほんとに。いまだにそのときの鮮烈な印象が残っていて、なんともまあ凄いアレンジです。
 でも何が凄いって、そのインパクトのでかいアレンジが、ただのインパクト勝負に終わっていないことですね。例のループ三味線といい、『Oh boy,』とか『Ah....hey,』とか、音程が変わらないせいかなんだか野太く感じる掛け声とか、一歩間違えればすごく滑稽になってしまうこんな難しい曲を、実に見事に歌いこなしているんじゃないかと。ちょっとこのバランス感覚にはびっくりですよ。

 歌詞も冴えてます。煽情的な内容というのもありますが、それだけではなくて。
『WANT ME,WANT ME はじけ飛ぶ/胸のボタン 焦りすぎて』
 このように、明らかに倒置法が使われていますね。最後の「焦りすぎて」の部分は音程が低く、いかにも後から言葉を付け足したような、…言い換えれば順番どおり言葉を並べることができていない、思考回路が錯綜した状態を、うまく表現しています。
 あと、「〜する」「〜した」「〜だ」で終わっているフレーズが、まったくありません。これも曲の「途切れなさ感」を演出するのに一役買っていますね。どこかに着地せず、常に動きがあり、落ち着くことがない。詞も曲も、非常に流動的で攻めの姿勢になっています。


posted by はじ at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(あ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。