2005年03月12日

アンダーグラフ「ツバサ」

ツバサ
アンダーグラフ, 真戸原直人, 島田昌典
フォーライフミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


 曲の存在自体は、半年以上前からネットであれこれ取り沙汰されているのを見て知っていたりしました。実際に自分で聴いたのは秋の終わりくらいだったですかね。まさかそこから、ここまで人気が盛り上がるとは思いませんでしたが。

 はじめに有線放送に問い合わせが頻発したのは、有線で流れるとき、曲の冒頭に「人はツバサを持つと自由になれるんですか?」というセリフが入っていたのが大きな理由でしょう。いきなりセリフ流れたら、そりゃ耳引きつけられますよ。しかも、意味深そうなフレーズで。で、旅立ち・別れの情景に、独特なギターのリフが入り、王道な哀愁コードをがっちりなぞっていくメロディラインとくれば、こりゃ話題にもなりますよ。CDにはこの声は入ってませんが、PVとかなのでしょうか。まさか販売戦略のためだけに入れたってことはないですよね?
 で、それだけなら「有線の気になるあの曲」で終わったと思うのですが、さらにあの声は「世界の中心で、愛をさけぶ」の長澤まさみだったことが、さらなる盛り上がりに火をつけたんじゃないでしょうか。や、最近ヒットしたのは長澤まさみやセカチューが好きでみんな買ったからだーとか言ってるのではなく、単純に、話題が一段階上乗せされたぶん広がりが大きくなったのだろうなあと。「女性の声が入っているあの曲」から、「長澤まさみがセリフ入れているあの曲」というふうに、口コミが二段階になったことが、ただのロングヒットでなく、チャートを上昇していくパワーの源になったんじゃないかなと。
 あ、でもTVCMの影響も当然あるのかな。

 ええと、別に「話題性だけで売れた」と言いたいわけじゃないことは断っておきたいです。セリフがなくても、イントロのギターのリズム、哀愁コード感いっぱいの旋律に切なくも力強い旅立ちと別れの詞、と新人がブレイクする要素をかなり押さえた作りになってます。王道で安定した路線なんだけどフレッシュさがあって。あと、聴き取りやすい噛みしめるような声もプラスですね。

 詞ですが。
 離ればなれというシチュエーションでは、BUMP OF CHICKEN「車輪の唄」で“「女性が動き、男性が動かない」パターンが最近増加している”と書きましたが、この曲は男性側が動く、昔ながらの「上京」系の内容です。
 とはいえ、あんまり「上京」という方向性はないですよね。『国道までの細い抜け道』とあり、広々とした国道のイメージは地方の街を喚起させはしますし、『ツバサ広げて 秋風越えて 夢を手にして/会えたなら』ここも「きっと夢を叶えて戻ってくる」だったら「上京」的なんですが、『いつか互いに大きな花を』と、女の子側もまた叶えるべき夢を持っていることが示されてます。ただ待っているだけじゃないんですね。これはやっぱり今という時代が見えるような気がしますね。「夢」というものがとにかく一番重要である、みたいな風潮も含めて。

 とりあえず次の一手が気になるところですが、4月に2nd発売のようです。


posted by はじ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー男性(あ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。