2005年03月02日

山下達郎「FOREVER MINE」

FOREVER MINE/MIDAS TOUCH
山下達郎, 服部克久
ワーナーミュージック・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


 今更ながら、いい声です。『絹の雨に濡れながら』と歌う、その声がまさに絹のように細やかさで、しっとりと濡れていますね。

 ラブソングって、「切ない想い」を表現して共感を誘うものなわけで。そうすると、主人公というのは迷ったり悩んだり、弱さが強調されることが多いです。「君」が好きなのに、告白できなくて眠れなくなったりするわけです。特に近頃は、男性ボーカルでは「こんなダメな僕だけど、君を好きでいいですか」みたいな、自己卑下しがちな方向もけっこう出てきていて。

 そんな中、『僕だけが あなたを愛せる/他のどんな誰より』と、きっぱりと言い切る強いメッセージ。世の中の流行なんて関係ない、とばかりの大御所ぶりを発揮しているようです。
 まあ、こんないい声ならそれだけで「切なさ」を表現できてしまえるので、わざわざ「弱い僕」のスタンスでなくてもじゅうぶん情感豊かになれる、っていう強みがあるんですがね、この人には。それでも「いくじなし」だった頃を思い返したりして、「切なさ」を盛り上げることに余念がないです。


この記事へのコメント
いやぁ、おっしゃる通りでございます。<br />
最近は“強い女性”像が描かれたラブソング、多いですからね。<br />
たまには、こうカッコイイ男性像も見てみたいのです。<br />
僕はあまり詞に関心がないとはいえ、はじさんのおかげで以前よりも気にするようにもなりましたし。<br />
<br />
…とか言ってるわりには、山下さんのメロディーラインがあまり好みではないので聴いてはいないのですが。<br />
僕のよく聴く歌手の中では、小田和正さんなんかもこういう男性像のイメージがありますね。
Posted by アイデアル at 2005年03月02日 22:34
山下達郎にしろ小田和正にしろ、声質とあいまって、流れるというかぐねぐねしてるというか、とらえどころのないメロディを書きますよね。<br />
アイデアルさんの嗜好を鑑みるに、もうちょっとアクセントというかメリハリがあったほうがいいのになーという感覚なんじゃないかなと予想します。<br />
<br />
特にこの曲の旋律は、小節の頭にほとんど強いリズムがきません。出だしも一拍休みで、崩れたラインは微妙に前に後に外れて。<br />
だけど、サビの入りの『ああ』だけが拍のド頭なのです。これは、そのキーの高さもあって非常に強烈ですね。これは夕べ、記事をアップした後に気がついたんですけど。
Posted by はじ(管理人) at 2005年03月03日 00:27
僕の嗜好の分析、まさにその通りでございます。<br />
バラードよりハードな曲のが好きですし、メロディーも起伏が激しくて聴いていて引き込まれるようなのが好きですね。<br />
山下さんのメロディーは僕には“ぬるい”感じに聞こえてしまうんですよ。<br />
彼の声は包み込むような柔らかさをイメージしますが、小田さんはヒリヒリするようなシリアスさも感じるので、そのあたりが好き嫌いの分かれ目かもしれません。
Posted by アイデアル at 2005年03月03日 02:02
個人的に感じる山下達郎と小田和正の違いは、濡れている雰囲気があるかないか、じゃないかなと山下達郎はけっこうべったりしてますが、小田和正はしっとりと湿った感じもありつつ、さらさらしているというか。アイデアルさんの言う「ヒリヒリするような」というのと、近い感覚なのかもしれません。<br />
<br />
自分はわりとどっちでもイケます。メリハリあるのも嫌いじゃないですが、穏やかなほうがどっちかっていうと好きかもですね。
Posted by はじ(管理人) at 2005年03月04日 02:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。