2004年11月27日

タッキー&翼「愛想曲(セレナーデ)」

愛想曲(セレナーデ)
タッキー&翼, 羽場仁志, hwonder, 田形美喜子, 田辺恵二, 小幡英之, 安部潤
エイベックス・ディストリビューション

このアイテムの詳細を見る


 路線としては「夢物語」に近いのかな。それでいて、かなりツッコミどころ満載で「One Day,One Dream」を思い起こさせます。古き良きジャニーズポップスの王道って感じですか。
 かなり歌謡曲的な匂いが漂っています。歌謡曲というのは言ってみれば、演歌と同じく日本人の「民族音楽」的なもので、ベタで野暮ったいけど落ち着くというか。民族音楽ってけっこうどこの国のでも親和性があって、前奏や合いの手で入ってくるラテンぽいギターがなかなかいい味になっているわけです。この辺完全に打ち込みビシバシだった「夢物語」よりもいい感じ。あと歌詞もなんか微妙にエロいんで、夢見る女の子たちにウケがいいかと。

 詞のほうは、やろうと思えば片っ端から全部ネタにできそうですが、そういう無粋なことはやめてましょう。うちはテキストサイトじゃないし、こういう
のは「それっぽい」雰囲気出せてたら勝ちですからね。
 ただ、いかんせんおかしいなあと思うのは『愛する意味の音符は 音の譜の調べ』で、これはさすがに意味わかんなさすぎてびっくりです。「愛」と「調べ」ってよさげな単語だけではちょっと繕いきれませんよ。あと『薔薇舞いて・・・Serenade(セレネイド)』もどうなんだ。「撒いて」じゃなくて「舞いて」になっているところも困ってしまうポイントです。
 そしてまあ誰もが思うわけですが、タイトルでは(セレナーデ)なのに歌詞では(セレネイド)。どないやねん。


posted by はじ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー男性(た行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。