2004年11月24日

T.M.Revolution「ignited -イグナイテッド-」

ignited イグナイテッド
T.M.Revolution, Akio Inoue, Daisuke Asakura
ERJ

このアイテムの詳細を見る


 「ignite」は「点火する」という意味だそうです。確かになんだかバチバチ火花が散っている感じのアレンジですね。
 とにかく井上秋緒による言葉の散りばめられ方が凄いことになっています。あんまり冴えすぎているので、かっこよさげではあるものの今ひとつ何言っているのかわかりにくいです。でもとりあえず、「みんな傷ついてしまう、そんな暗い時代でも、きっと輝けるはずだ」みたいな感じで一応まとまってはいるんですねこれが。毎回、決して崩壊させないところはやっぱりプロだなあと。

 T.M.Revolutionの特徴としては、サビ頭がとにかく毎回キャッチーなんですよね。バシッと決めにきてる。
 今回も旋律とか見ても、サビと音域変わらないのに淡々とした感じのAメロ、助走のように伸びの出るBメロと、明らかにここを盛り上げにきてますし。そして直前のブレイクでインパクト強まったところに、いつもの、独特なキャッチフレーズが乗ります。『壊れ合うから 動けない』・・・うん?なんか今回微妙だなあ。
 前回「Web of Night」の『激しい生命目醒める』『構わず真夏に触れる』みたいなカッコイイフレーズはどうしたんですかAkio Inoue。そしてなぜクレジット表記が変わったんですか。


 にしても、TMRもずいぶん真面目になりましたよね。初めの頃みたいな遊び心がすっかりなくなって。アルバム曲ではそうでもないんでしょうか。そろそろ時流もシリアスからポップに回帰してきてますし、もうちょっとファン以外に向かっても弾けてみてもいいんじゃないでしょうか。


posted by はじ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー男性(た行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。