2004年11月10日

中島美嘉「LEGEND」

LEGEND (CCCD)
中島美嘉, COLDFEET, 冨田恵一, 宮崎歩, CHOKKAKU
ソニーミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


 すっかり歌が安定してきたようで、以前の不安定さにハラハラするのが楽しみだった自分としてはちょっと楽しみが減ったような。まだ微妙に音程が怪しいですが、それはもうなんというか完全に味になっている感じです。今回の曲とかに漂う浮遊感は、サウンドメイクと声質以外にも、そのせいがあるような気がしますし。
 コンピュータで徹底的に演出された幻想的な音世界が面白いです。ただ、メロディラインは意外にもけっこう和風な唱歌っぽい動きをしているんですよね。そのおかげか、バーチャルな宇宙空間みたいなオケの中にもほのかな暖かみがあるように響いてますね。ただ、2コーラスからのリズムトラックはちょっとうるさすぎな気がします。

 で、えーと、歌詞のほう。
 ちょっとよくわかんないんですけど、『君は夢で泳いでる 人魚になれたから/眠りに落ちた私を案内してよね』ということは、「君」は女性ですよね?一人称も「僕」じゃなく「私」だし、こちらも女性ですよね?ということは、すごく失恋ぽい内容なんですけど、そうじゃないですよね?じゃあ、友人との別れの歌なのかなあ。そうすると、『あんな大切な未来を/どうして簡単に奪ってしまうの?』は、恋人との甘い未来が崩壊したんじゃなく、「君」と死別したってことなんでしょうかね。
 まあとにかく、夢でしか会えない人魚の「君」、というちょっとファンタジックな描き方をしているわけですが、それは和風の旋律と合わさってタイトル通りの物語っぽい雰囲気になっていて、意図的なのかはわかんないですけど、いい具合にマッチしているんじゃないかなと。


posted by はじ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(な行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。