2004年10月13日

小野真弓「シーソー」

シーソー
小野真弓, 尾崎亜美, 小原礼, 高見優, mayu, 新井理生
日本クラウン

このアイテムの詳細を見る


 ちょっとメジャーじゃないですけど、有線で気になったもので。公式サイトで試聴ができますんで、知らない方はどうぞ。
 あれ、俳優さんなんですかこの人。曲も声もずいぶんほんわかしっとりしているんで、全然そんな感じしませんでした。だって、主演したドラマの主題歌も歌ってるのに、その「風のケーキ」は今回のカップリング扱い。まったく「売り」に来てませんよね。まあ、そのおかげでこの曲ののほほん具合が余計なところで失われたりしてなくて、よかったとも言えるかもしれませんけど。
 うん、考えてみれば今、あんまりこういう朗らかタイプの人っていないですね。そういう意味ではKOKIAに近いですかね。さすがにKOKIAほど歌唱力はなく、心は揺さぶられたりしませんけど(実は最近聴きまくってるんですよね、KOKIA)でも「聴いていてまったく疲れない」というのはそれはそれで重要なことなんで、いいんじゃないですか。刺激が欲しいって人には退屈で仕方ないでしょうけども。

 タイトルになっている「シーソー」というモチーフの示す通りちょっと幼い雰囲気で、まるで「みんなのうた」の一曲のようです。で、『シーソーがうまくできない 一人ぼっちじゃ』と、別れが表されてます。
 はじめ聴いたときは、子供のころの友達との別れなのかなと思ったんですけど、ちゃんと詞を読むと失恋のようですね。恋愛にシーソーはちょっとなあって感じですけど、穏やかな雰囲気のおかげか、違和感とまではいきません。シーソーのくだりから『いつか飛べたら』と締められるように、一回り主人公が成長しようとする展開になっていることですし、その差を出すための小道具として見てしまっていいかなと。

 曲の提供は尾崎亜美。杏里「オリビアを聴きながら」を生み出したという、ベテランですね。懐かしげな雰囲気にも納得。イニシャル云々はちょっとばかし古すぎる気がしますが、『あなたの口ずさんでた/歌が街に流れてた/そんなことが 何故か嬉しかった』なんてフレーズはうまいですね。堂に入っています。


posted by はじ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(あ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。