2004年10月04日

東京事変「群青日和」

群青日和
東京事変, 椎名林檎, Lorenz Hart
東芝EMI

このアイテムの詳細を見る



 椎名林檎のバンドとしての再始動一作目です。PV試聴を参考にしてもらえばわかる通り、非常に突き抜けたバンドサウンドを展開してます。どの音も全開だあって感じですけど、一番印象に残ったのは、ドラムのシンバルの耳に残る響き方。ちゃんとリズム刻み付けつつも、『新宿は豪雨』な降り注ぐ雨っぽさも出しているようで。そう見ると、キーボードは新宿の喧騒でしょうかね。

 そうした音の雨嵐の中で、きちんと存在感を切り開いてくるボーカル。声も、ちょっと毒っ気は薄れた詞世界も、相変わらずバリバリにキャラ立たせにきてますね。
 この「椎名林檎世界の構築」への偏執的な情熱が、デビュー以来コアなファンを獲得してきた大きな要因だと思うのです。

 ただ今回からは、ちょっと事情が変わってくるんじゃないかなと。今までのソロ活動形式だと、あくまでも個人によって計算された世界だったって印象があるわけですが、バンドという形式を取ることで、演奏者がメンバーとしてそれぞれに「せめぎ合う」、つまり椎名林檎個人の範囲を超えていくスタイルで行きたいのかもしれないなあ、という気がします。個人の内側で葛藤するよりも、一つの音楽を作りつつも対等にぶつかっていける仲間を設定することで、より「椎名林檎らしさ」が出せる、ということも期待できるわけですし。主張しまくるバンドサウンドVS椎名林檎のカリスマ的個性、という構図を、音から感じました。
 それぞれの演奏者の能力が高い地点で拮抗していないと空中分解してしまいそうなやり方ですが、少なくとも今作においては、椎名林檎の持ち味をまっすぐに放出できていますし、成功なんじゃないかなと。メンバーの放つ衝動の方向と強さがうまくかみ合っているんでしょう。

 詞は、一時期に比べるとぐっとわかりやすくなってますね。それでも日本語訳が必要そうなほど、凝った言い回しだらけですけど。基本的には、「あなた」と「わたし」の気持ちのすれ違い、そこからくる対話の白々しさへの苛立ち、ひとりになって行き場のなくなった思い、とまで読んでいけます。
 特に行き場のない悶々とした思いというのはこの人の得意分野なわけで、『答えは無いの? 誰かの所為にしたい/ちゃんと教育して叱ってくれ』なんて、「教育」とか独特なわりに生々しいですよね。
 で、そうした感情と、舞台である雨の東京の情景を重ねていたりもしますね。
 『突き刺す十二月と/伊勢丹の息が合わさる衝突地点/少しだけあなたを思い出す体感温度』というフレーズに注目してみます。「伊勢丹の息」というのは、きっと外に漏れてくる暖房の比喩でしょう。刺さるような寒さの街を歩いていて、デパートから温風が流れてくる、そこに「あなた」の温もりを思い出しているわけです。少し視点を変えると、「あなた」の温もりが無ければ「わたし」は常に突き刺さるような寒さの中にあるんだ、ということですね。『誰か此処へ来て』という叫びも示すとおり、他者への依存具合が非常に高い「わたし」の姿が見えてきます。

 曲のテンションも高いことですし、解釈とかあんまり気にしないで、言い回しの妙だけ楽しんで音だけ聴いててもよさそうですけどね。


posted by はじ at 19:01| Comment(3) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(た行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
東京事変を最初に聴いたとき、椎名林檎ソロ時代との違いが感じられませんでした。<br />
作曲者が椎名ではないということにも驚きましたが、メンバーに亀田誠治がいるのにサウンド面が大して変わっていない(どちらかというと初期椎名に近い?)こともまた驚きでした。<br />
それだけ詞が強烈ってことですかね。<br />
彼女の詞は聴き手を選ぶとは思いますが、一度惹き付けられたら離れられないですよね。<br />
そういうところはやはり流石だと思います。
Posted by アイデアル at 2004年10月05日 00:55
どうもです。亀田誠治は初期から椎名林檎とやってませんでしたっけ?確か。<br />
作ろうとしている音楽の方向性自体は、椎名林檎時代とはそうは変わってないと思います。ただ、音楽の作り方をより刺激あるようにするために、バンド結成に踏み切ったんじゃないかな、と推測するわけです。同じ演奏者でも、バックバンドとして参加しているのとバンドメンバーとしているのとでは、やっぱり重みも気の持ち方も変わってくると思うのですよ。<br />
初期に近い感じは、確かにありますよね。デビューしてすぐの初々しさというか、野望みたいなものを、もう一度捉えなおそうという意図もバンド結成にはあるのかもしれません。
Posted by はじ at 2004年10月05日 02:09
今東京事変の曲の修羅場聞いてます!<br />
新曲★:゜*☆※>(''*)♪オメデトウ♪(*'')<※★:゜*☆最高です!!!!!!
Posted by まつきり at 2005年11月24日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。