2004年09月29日

Sowelu「I Will」

I Will... (CCCD)
Sowelu, Shoko Fujibayashi, 千家和也, Toshinobu Kubota
DefSTAR RECORDS

このアイテムの詳細を見る


 気だるいR&Bかと思ったら、途中でビートの密度が上がり、サビはかなりアップテンポで疾走感ある曲調にガラリと変わります。個人的にはメロ部分の、落ち着いた雰囲気と割と特殊なコード進行の響きがいいなあと思って聴いていたんで、サビでポップになりすぎるのはちょっとなあ、と思ってしまうんですけど、盛り上がっていくのが好きな方にはいい構成だと感じられるでしょう。それに、アニメ「鋼の錬金術師」エンディングテーマというタイアップがあることを考えると、こうしたドラマティックな構成をとるのはよい判断だと言えると思います。

 詞は「失恋したけど立ち直らなきゃ」というまさに気だるいメロ→盛り上がるサビという構成を反映させた内容になってます。
 たとえばサビ始まり後の導入部の『そう、同じ気持ち感じてた/消去したメモリー 見つめてた』なんていうのは、描写も秀逸ですし、はじめの二行で「失恋」をきっちり暗示させるなど、実にうまい書き方をしてます。藤林聖子というプロの作詞家の仕事のようで、こういう点をさらりとさりげなく書けるのは、やっぱりその道のプロだなあと。

 最近は「自ら詞を書ける」ことがアーティストとしてのステータスのひとつのようになっていて、どんどん歌い手本人に自作させる向きがあるようですが、上の二行なんかはやっぱり素人ではちょっと書けないと思います。それはあくまでも「巧さ」であって、多少つたなくても本人作詞のほうが実感がこもっているとか独特のセンスがあるとか、そういう良さのほうが好まれがちですけど、テクニックある詞もいいもんですよ。
 作詞家の書いた詞は決して感情任せではなく、一見はそう思えなくてもきちんと聴き手を考えて練り上げてあるので、その辺歌詞カードとか見て探ってみるのも、けっこう面白いですよ。


posted by はじ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(さ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。