2004年09月15日

山崎まさよし「ビー玉望遠鏡」

ビー玉望遠鏡
山崎まさよし, 山崎将義, 村田陽一
ユニバーサルJ

このアイテムの詳細を見る


 弾みのあるリズム、楽しげでファンキーなサウンド、そして原風景のような真夏過ぎの景色。どれをとっても、実に山崎まさよしという歌い手にマッチしていて、心地よく浸れます。こう、ざわざわと心が浮き立つような夏の側面を、鮮やかに切り取って見せてくれたというか。

 リズミカルな箇所と伸びやかな高音部分とが、かなり頻繁に展開していき、詞のほうもすべてのフレーズに、夏を印象付ける言葉が織り込まれ、と、かなり畳みかけが激しいです。それでもぽっかりと空いた穴のような青い空、といった抜けのよさも失ってないし、『汗ばんだシャツの中の下心』『細いうなじに 我を忘れそう』と、官能方面もカバーしてある充実ぶり。

 暑さの盛りを過ぎた今の時期の晴れた午後に、なんにも考えず聴くには、最適ではないでしょうか。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。