2004年09月07日

NEWS「紅く燃ゆる太陽」

紅く燃ゆる太陽
NEWS, Satomi, 中西亮輔, Shusui, Stefan Engblom, Axel Belinder, 久保田洋司, 石塚和生, zopp, 船山基紀
ジャニーズ・エンタテイメント

このアイテムの詳細を見る


 あんまり書くこと思いつかないんですが、オリコン一位とってるしスルーするのもなんだかなあと。どこからどうみても、いかにもジャニーズらしい応援ソングですね、としか。
 ほら、だいたいこういうジャニーズのユニットって、はじめのうちはとりあえずこういうお茶の間受けのいい、元気で毒のない応援系ソングを歌うじゃないですか。そのあとで、だんだん路線が決まっていくわけです。SMAPは等身大でやや力の抜けた感じ、V6は安らぎ寄りな歌が目立つ、みたいな。デビュー当初は、とりあえず新しい最若手ってことで、まず元気のよさを前面に出してくるわけですね。

 ただそれも、かなり時代性に左右されるというか、そのときの社会の好みを反映してます。
 たとえば今回のこの「紅く燃ゆる太陽」とSMAP初期の応援ソング「笑顔のゲンキ」なんか、タイトルからもわかるくらいかなり方向性が違うわけで。いかに今、真面目さ、真剣さがもてはやされているかが、わかるというものです。
 V6のときにはすでにそういう「マジメで」な方向性だったわけですが、「MUSIC FOR THE PEOPLE」だの「Be Yourself!」だの、当時はやっていたユーロビートがバリバリにきいてました。また、同じ「マジメ」な感じでも、たとえば今回の「紅く燃ゆる」内、『だって どんなときでも/夢を抱いているから』は昔からあるようなフレーズですが、『ぼくは 持てる限りの力で』みたいな、「やってやるさ!」と自信満々なのではなく「たとえどうなろうとも・・・」という思いを感じさせる言葉は、ここ最近の等身大メッセージソングの流れを汲んでいるっぽいなあと。

 なんだかんだで、けっこう書けました。


posted by はじ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー男性(な行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。