2004年09月01日

山下達郎「忘れないで」

忘れないで
山下達郎, 竹内まりや, 服部克久
ワーナーミュージック・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


 この方にしてはしっとり、と言うよりじっとりくるような湿っぽい曲ですね。いつももっと抜けのいい歌を作っているイメージありますから。ポップスではなく歌謡曲ですよね、この濡れた感じは。もともとの声がどっちにも対応できる味があるので、やや意外ではありますが、曲内での違和感はあんまりないですけど。

 三連のバラード。このタイプの歌って、歌詞乗せるのも歌うのも難しいと思うんですよ。最近だと大塚愛が「甘えんぼ」でかなりちぐはぐになているのが記憶に新しいです。対し、こちらは詞も歌もはまっている感じがします。ちょっとリズムを崩した雰囲気で歌っているところが一番のポイントかなと思いますが、『信じるのがこわくて 失うのがつらくて』のとこのフレーズなんか、やっぱり言葉のはめ方がうまい。
 って、今気づいたんですが、作詞は山下達郎本人ではなく竹内まりやなんですか。そういや夫婦なんですよね、このお二方。まあ、どっちにしろ、熟練者のたたずまいが感じられます。手馴れてるようなあ。

 でもやっぱりこの声は、素晴らしいのはわかるんですけど、どうしても古めかしい響きに聴こえてしまうんですよね。なんでだろう。今回は曲も懐メロっぽいので、いっそう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。