2004年08月19日

Ryu「最初から今まで」

Moment / 最初から今まで
Ryu
3Dシステム
このアイテムの詳細を見る


 今さらですが、韓国で大ヒットして日本でもやけに人気の出ているドラマ「冬のソナタ」の曲です。日本語版も出ているので、とりあえず邦楽扱いしてもいいかなと。

 や、ずっと有線で流れていたんですが、まったくこれがそれだとは気がつかず。徳永英明の新曲かな、いやちょっと違うかな、とか思ってました。全然、違和感ないですからね。メロディラインにしろコード進行にしろ、非常に日本の歌謡曲そのままですし。西洋のミュージックシーンにはない湿っぽさ、情感ある曲調は、日本人の好みとぴったりです。
 韓国には二度行ったことがあるんですが、街のレコードショップ入っても、歌詞が聴き取れない以外は、かかる曲かかる曲すべて邦楽となんら違和感ありません。ほとんどイコールで結べるくらい、J-POPとK-POPって瓜二つなんですよ。食文化とかメンタリティは、当然ながらかなり違うところがあるように思うんですが、音楽の方向性はほぼまったくといっていいほど同じなんです。面白いですね。

 で、日本語詞なんですが、これ誰が書いたのかよくわかんないんです。「最初から今まで」なんてタイトルだけ見ると、「はじめからずっと」だとか、もうちょっとうまい言い方があるような直訳っぽさですが、内容は『ボロボロに傷つく』の「ボロボロ」のはめ方だとか、『忘れよう 忘れたい 忘れられない』の重ねとか、ちゃんと日本語をうまく生かそうとしていろ節があって、直訳だけとも、オリジナルで詞を自作したRyu本人のものとも思えないんですが、なぜか訳詞者の情報がまったくありません。
 Septemberとかいう、最近この曲をカバーした日本人女性ユニットでは、松井五郎が書いているらしいんですが。元のこっちも同じなのかなあ。誰かその辺の事情を知っている方いましたら、教えてください。

 うーん、でもちょっと、ぎこちない部分もあるかなあ、日本語としては。やっぱり、名前出すまでもない内部の関係者の仕事かもしれません、これは。ほぼ直訳で、明らかに不自然ではない程度にまとめる、といった。

 直訳に近いんじゃ、と考える根拠は、日本語としてのぎこちなさ以外にもうひとつあって。それは、詞の言葉遣いがかなりストレートな感じがするという点。これはやはり、ドラマ内容に即している(いや、見たことないですが、そういう話だとよく聞くので)と同時に、日本とはやはり異なる韓国の精神性があるような気がするわけです。

 曲調は同じ、と先に言いましたが、情感を作り出す点では共通でも、これでもかってくらいにそれを見せ付けてくるような感覚もありまして。やっぱり韓国のほうがやや開放的なのかなと。

 で、そういうあけっぴろげな感動が今、「冬のソナタ」という形をもって日本でウケている、と、こういうわけなんでしょう。今、日本は感動ブームですからね。


posted by はじ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー企画もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。