2004年08月11日

ゆず「栄光の架橋」

栄光の架橋
ゆず, 北川悠仁, 松任谷正隆, 岩沢厚治
トイズファクトリー

このアイテムの詳細を見る


 NHKのオリンピックテーマソングということで。
 40曲以上の候補から選ばれたそうです。できればそのラインナップを全部知りたかったりするんですが、それだけたくさんの曲の中からこの曲が選ばれたっていうのは、やはりそれだけ意味があるわけで。

 歴代のNHK公式ソングを並べてみると、

1992:バルセロナ  寺田恵子「PALADISE WIND」
1994:リレハンメル 高橋真梨子「遙かな人へ」
1996:アトランタ  大黒摩季「熱くなれ」
1998:長野     FBLOOD「SHOOTING STAR」
2000:シドニー   ZARD「Get U're Dream」
2002:ソルトレークシティ MISIA「果てなく続くストーリー」
2004:アテネ    ゆず「栄光の架橋」

 となってます。正直、ZARDもFBLOODも印象薄いし、辛うじて高橋真梨子は『人を愛するため 人は生まれた/苦しみの数だけ 優しくなれるはず』というフレーズだけ頭に残っている程度で、その前になるともう寺田恵子って人の名前さえわかんないんですが。

 で、居並ぶアーティストがもうまさにNHK好みっぽいなあという感じですが、それよりも重要なのは、選ばれる曲の方向性の変化です。詞の大筋はだいたい毎回同じようにまとめられる感じで、そんなに大きな差はないんですが、しかし、ずっとアップテンポの曲(高橋真梨子でさえ!)が選ばれていたのに、前回のMISIAと今回のゆずは、スローなバラードなわけです。
 スポーツの祭典だから、どちらかというと聴いていて昂揚するアップテンポの曲のほうがふさわしいんじゃないか、と思いません?毎回多数の曲が候補に挙がる中で、アップテンポの曲が皆無だったというわけではないはずで。
 では、なぜバラードがテーマ曲に選ばれるようになったのか。ここには、ただ競技観戦に興奮するだけでなく、選手一人ひとりにスポットを当てた「ドラマ性」を視聴者が求めるようになった/放送側が作り出すようになったことが関係しているんじゃないかな、と思います。いやまあ昔からずっとそういうものはあったんですが、より露骨になったというか。ほら、最近のテレビドラマってやけに「感動」を強調するじゃないですか。そういう、「感動の物語」を演出するのには、壮大なスケール感を出せるバラードのほうが適役なんじゃないか、と考えるわけです。
 スポーツに「熱狂」よりもむしろ「感動」を志向する姿勢が、日本社会の流れになっているんじゃないかなあ、ということです。「果てなく続くストーリー」「栄光の架橋」なんて壮大でドラマティックさあるタイトルにも、それが現れてるんじゃないかと。 さて、ようやくのことで曲の内容にいきます。
 といっても、詞はわざわざ指摘して論じるようなこともないストレートな応援歌ですね。あえて挙げるとするなら、出だしの『誰にも見せない泪があった』かな、これはちょっと卑怯なくらい聴き手を揺さぶるフレーズで。誰にも見せない、ということは、自分の口からは決して言えないことなわけで、それを真っ向から代弁してくれているわけですから、少しでも思い当たるフシのある人は、絶対に揺さぶられちゃいますよ。

 リードボーカルが下で(っても十分高いけど)ハモリが上なのも、力強さと感動を煽る作りです。前回の「桜木町」だと、上がリードボーカルと下がハモリなんですが、これがもしそれぞれ逆のパターンだったら、それぞれの曲の雰囲気をいくらか損なっていたんじゃないかと。ちゃんと考えられてますね。


この記事へのコメント
初めましてオリンピックのテーマ曲なんですが私が思うに寺田恵子の「PALADISE WIND」以上にフィットする曲はないですね。それくらい良い曲です。詩と曲がスポーツの祭典にピッタリでした。<br />
<br />
昔の秘蔵ビデオをDVDに落とすのに最近あらためて見ましたがやはり歴代テーマソング(民放含む)の中で最高の曲だと思いました。<br />
<br />
ぜひ探してみてください。<br />
<br />
Posted by まさ at 2004年11月11日 22:43
はじめましてー。<br />
ちょっとうろ覚えですけど、この記事を書くときに歴代のオリンピック曲の情報を集めて回っていたら、確かにこの「PALADISE WIND」は評価高かったような感触がありました。<br />
当方、実際に耳にした覚えはないので、ちょっと興味をひかれますね。機会があったら聴いてみたいと思いますー。
Posted by はじ(管理人) at 2004年11月12日 01:10
付き合ってねむ
Posted by LOVE天野有貴 at 2005年01月21日 16:17
お久しぶりです。<br />
そう言われてみればはじさんの仰るとおり、感動志向になってるような気がします。<br />
荒川選手の金メダルも、そこにたどり着くまでの努力とか彼女の姿勢とかを高く評価してると思いますし、トリノは結果的にメダル一つで不本意なものだったと思いますが、それでも日本人は「よく頑張った!ありがとう!」的な感じですし、メダル一つだから皮肉る感じはあまり見受けられないですね。(まぁ最後の最後で金メダルっていうのもあったと思いますが。)<br />
<br />
そしてトリノのNHKテーマソングは平原綾香の「誓い」ですし、はじさんの仰るとおりですねw
Posted by 硬水 at 2006年03月20日 16:28
どもです。<br />
結局のところ「感動」っていうのが聞こえもいいし受けるしで重宝されるようになっているんですよね。競技そのものへの「熱狂」だけでは満足できない時代なんだろうなと。<br />
まあもちろんそういうのは今に始まったことでもないんですけど、でもバラードが選ばれるようになったのは最近ですよね。<br />
<br />
それにしてもオリンピックで不思議なのは、メダルが取れなかった、不本意な結果に終わった選手には「それでもよくやった」的な感動秘話を作らないことなんですよね。そういう人にこそ「感動」が有効だと思うんですけれど。なんでだろう?
Posted by はじ(管理人) at 2006年03月21日 02:54
そういうのって得てして地味だからじゃないですか?やはり結果も伴ってこそというのもあるような気がするし、マスコミとかって必要以上に過剰に報道しますからねぇ。そんな対したことでもないのに、煽りとかすごいですからねぇ・・・。<br />
日本は流行りものにとても敏感なお国だと思うし、不本意に終わった人たちでは視聴率の面でも期待が出来なさそうですし、内容よりもやはり結果というか、視聴率というか、「面白ければそれでいい」というような、何でもそういう傾向になってきてる気がしますね。<br />
地味でも必要な事とか、時代が変わっても忘れちゃいけないものってあると思うんですけどね。<br />
<br />
たとえば、音楽番組にお笑いを起用してバラエティ色強くするのも、同じことだと思います。アーティストの「この曲はどういう意図で作ったか」などというのは地味だから、視聴率は望めないみたいですし。<br />
最近、レイザーラモンHGや倖田さんのような人たちが目立ってきて、ますますそういったことが加速してるような気がする。
Posted by 硬水 at 2006年03月21日 10:43
まーそうなんですよねー。マスコミの面白ければいい的志向はどんどん拡大しているように感じますよね、やっぱり。<br />
<br />
とはいえこういうことを考えるとき忘れてはいけないのは、<br />
1.本当に最近の傾向なのか?昔からそうだったんじゃないか?<br />
2.最近の流れなのだとしたら、その原因になるものは何か?<br />
このふたつをちゃんと説明できないと、「最近の若い者は…」と同じ、感覚だけの問題になっちゃうということです。<br />
<br />
マスコミの煽りや「面白ければいい」という路線はそれこそテレビが始まった昔からあったものだと思うのです。ただ、その「面白さ」の質が刹那的というか、手っ取り早くわかりやすいものばかりになってきたんじゃないか、というのはあるんじゃないかと。<br />
なぜなら時代がそうだからですよね。情報の飛び交いがより激しくなってきているから、わかりやすいものでないと見落とされちゃう、みたいな面があるんじゃないかなと。<br />
<br />
そういう意味では、情報を加速させたり受け手側から発信できたりするネットの出現が、テレビをより刹那的に、安易にしているのかもしれませんね。<br />
<br />
以上、超脱線でした。
Posted by はじ(管理人) at 2006年03月21日 12:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。