2004年08月10日

鈴木かすみ「ヤドカリカリカリ」

ヤドカリカリカリ

鈴木かすみ, 森浩美, 渡辺和紀, 渡辺未来, MIZUE, 家原正樹
日本クラウン

このアイテムの詳細を見る


 6月くらいから有線で流れ始め、たいへん多くの人心を惑わしている怪曲です。サンバに合わせて、実に能天気に『やどかりかりかりやりたがり/恋するわたしはやりたがり』とか歌っているわけで、眉が寄ってしまったり口がぽかんと開いてしまったりした人も多いことでしょう。
 ピンと来ない人は、ぜひここで試聴してくださいな。残念ながらサビまでは行きませんが。
 歌っているのは、14歳の鈴木かすみ。1990年生まれというのにもショックですが、でもむしろバックについている(上の試聴サイト参照)、22歳の人のほうが気になります。22歳でこの歌は、きっついなあ。

 これ、何がヤドカリなのかというと、ハーミーズクラブというこの夏発売の、簡単に言ってしまうと「貝殻を着せ替えられるヤドカリ」という商品がありまして。生きたヤドカリをペットでなくおもちゃとして売るあたりちょっとアレですがまあそれは置いといて、この曲はれっきとしたタイアップ曲だったりするんです。
 ちょっと、ほっとしました。つまりは「ヤドカリ」というテーマがあってできた曲なわけで、もしこれがまったく縛りのないフリーな状況でこんな壊れた詞が生み出されたとしたら、本当に精神疑いますからね。

 さて、どういう風に壊れているのかといいますと。
 たとえば初期のSPEEDなんてのは『痛い事とか恐がらないで/もっと奥まで行こうよ
いっしょに』『成熟した果実のように/あふれ出してく/欲望に正直なだけ』(「BODY&SOUL」「Go!Go!Heaven」)とか、かなりきわどい、というか冷静に考えたらアウトな歌詞を歌わせていて。そういう、少女にわざとアレなことを歌わせるってのは、ショッキングさを出すためには珍しくない手法で、程度の差はあれど古くからあるパターンです。
 ただ、SPEEDの初期路線は「大人になりたくて背伸びしている」という等身大な女の子を描いているという、ちゃんとした意図があります。詞の言い回しも、『いつか朝陽浴びて/ふたりきりで抱き合いたい!』(「Luv Vibration」)とか、ちょっと過激路線の少女漫画にありそうな雰囲気だし(一歩間違えると途端にオヤジ向け官能小説の世界なんですが)。

 でも、この「ヤドカリカリカリ」はぜんぜんそうじゃありません。
 まずは試聴(1コーラスのメロ)を聴いてもらいたいわけですが、曲調も歌い方も『おしりふりふり』なんて言い方も、すごく能天気で、子供子供しているわけです。でもコーラスは変に色気を振りまいているし、サビでは『恋するわたしはやりたがり』なんて言ってるわけで。SPEEDのお年頃少女漫画・官能路線に比べると、直接的というか、すごく幼稚な表現です。
 つまるところ、「オトナになりたい」という志向もなく、無邪気な子供のまま変なこと歌っているんで、非常に危なっかしいんですね。だから、聴いていて座りが悪い。開けっぴろげすぎてエロくもないし、かといって、楽しく聴くには居心地がよくない。

 ただし、インパクトだけは絶大なわけです。
 不安定でおかしな内容のぶん、耳に残る。販促としてはこれ以上ない出来なんじゃないでしょうか。このブログではじめてこの歌のことに触れてからほぼ一ヶ月ですが、その間この歌関係の検索でここに飛んできた方は、実に300人は超えていると思われます。このCD自体は、ぜんぜん売れてないみたいですけど。

 このぶっ飛んだ詞を書いたのは、作詞家の森浩美。SMAP「青いイナズマ」や「shake」なんかを手がけた人ですが、まさかここまで壊れた詞が書ける人とは思いませんでした。個人的には、知名度では遥かに負けますが、秋本康の書いたおニャン子クラブ「セーラー服を脱がさないで」を超えたかと。あれも一応「背伸びする女の子」というスタイルなわけで、そこを崩したぶん、ヤドカリの勝ち。勝ちっていうか。
 でもさすがに、やはり秋本康作品の、伊武雅刃「子供達を責めないで」の壊れっぷりには届かないか。まあ、秋本康はわざわざ世間を挑発している向きがあるんでアレですが。


posted by はじ at 16:11| Comment(8) | TrackBack(1) | J-POPレビュー企画もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
的確なコメントである。
Posted by よみうる at 2005年06月18日 05:00
そう言っていただけると嬉しいです。<br />
どうにかしてこの歌の奇怪さ/面白さを伝えつつ、真面目に分析しようか、とかなり四苦八苦して書いた記憶があるので…<br />
<br />
今後も、この曲は「隠れイカレた曲」として、語り継いでいきたいです。
Posted by はじ(管理人) at 2005年06月18日 22:14
長い事有線で聞いてたよ<br />
やっと、やっとこの歌の正体がわかったよ<br />
気になってしょうがなかったよ<br />
ふー助かった
Posted by しーまり at 2005年09月20日 03:51
一年以上経った今、「あれはなんだったんだろう」なもどかしさから救い出すことができてよかったです。<br />
<br />
いまだにこの曲を調べたくて検索してくる人もいますし、amazonアソシエイトを見ていると、このブログを通じて購入してしまった方もいるようで。後悔してないかな…買った人。
Posted by はじ(管理人) at 2005年09月23日 14:55
去年ヤマザキパンの京都工場に勤めていました。製品管理課でパンの仕分けをしてました。実はこの課のフロアーには有線が入っていて仕事しながら音楽聴けます。<br />
<br />
この曲も何回も流れていました。<br />
まあまあ良い曲と思った。当然CDも買った。<br />
<br />
的確なコメントである。<br />
Posted by 浅香唯 at 2005年10月15日 10:20
コンビニのバイト中有線で流れていたときは、ホント何なんだって思ってましたねー。<br />
問い合わせようか、って本気で考えたりしてました。
Posted by はじ(管理人) at 2005年10月16日 23:55
彼女の従兄は...<br />
よくNねこ屋敷へ遊びに来るんだな〜お。<br />
<br />
でも、耳には残るけど、変な歌だよな〜ぉ。<br />
<br />
内緒ね。
Posted by N-ねこ=ねまきねこ at 2005年12月18日 20:36
あら、関係者とお知り合いなのですね。<br />
ぜひとも関係者の曲感想を聞きたいところですが、<br />
では…内緒で。
Posted by はじ(管理人) at 2005年12月23日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハーミーズクラブ
Excerpt: 今日は雨がすごかったですね〜〜 びしょびしょになってしまいました(涙) 生活雑貨などを見に、東急ハンズに行った時に 面白いモノを見つけてしまいました! ハーミーズクラブってご存知ですか?
Weblog: 麻布十番CA日記
Tracked: 2005-01-01 00:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。