2004年07月26日

MISIA「名前のない空を見上げて」

名前のない空を見上げて(CCCD)
MISIA, Tohru Shigemi
エイベックス

このアイテムの詳細を見る


 三拍子。ハネたリズムだけど落ち着きがあります。
 作曲が玉置浩二だったりします。穏やかで力みのないメロディラインは彼らしい、という印象なんですがでもあんまり玉置浩二知ってるわけじゃないんでなんとも。ただ言えるのは、このメロディが終始穏やかで、力みどころがないため、歌唱力がウリのMISIAにはちょっと物足りないかな、みたいな感じがします。サビとかもっと声張り上げてくるもんだと思って身構えても、そこまで音域も上がらないですし。
 で、本人もどうやら物足りなかったと見えて、間奏部でのフェイクが盛り上がり過ぎて、明らかにサビの温度を超えてます。こんだけ盛り上がるんなら、ここにこういうCメロというか大サビをきちんと入れたほうがドラマティックになったんじゃ。短いとこにぎゅうぎゅうに歌を入れてる感じで、窮屈ですし。

 歌詞は、この人の場合なぜか、悪いとこはないけど面白くないんですよね。無難にすぎて。特に、「EVERYTHING」路線のこういう恋愛の歌は、声とあいまって壮大っぽいんだけど今ひとつ突き抜けてこないんですね。
 自分の声や「ラブソングとはこうあるものだ」っていう観念に影響されすぎな気がします。もっと自分の言葉で書いたほうが結果的にいいとは思うんですけど。って、なんか偉そうだな。


posted by はじ at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(ま行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。