2004年07月12日

Lead「Night Deluxe」

Night Deluxe(初回)
Lead, Shoko Fujibayashi, Daisuke Imai, Cyokkyu Murano, Ryuichiro Yamaki
ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る


 どっから聴いてもディスコチューン。彼ら、2002年レコード大賞新人賞とったりしてるらしいですけど残念ながらまったく知らないんで、この一曲を取り上げる限りだと、winsからよりダンスミュージックに特化した感じですかね。間違っていたらごめんなさい。
 有線とかで耳にしているときはあんまりアイドルユニットぽくないなあと思ったんですが、それはたぶん歌+ラップをするグループが最近かなり頻出していて、あんまり歌い手の年齢まで気にしてないのが大きいかと。でも、よく聴いてみると、歌い方とか幼さ出てるし(出してるのかなあこういうのは)、ラップぽく発音すればいいってもんじゃないし裏声出せば以下同文だし、まあ年相応な感じです。彼らがいくつなのか知らんけどね。
 歌詞の内容は、よくある「パーティー(=ここではダンスフロア)で視線独り占めのあの娘をゲットだ!」ってやつですが、『退屈そうだね その彼氏』ってのはちょっとドキッとしました。賑やかな場所から誘い出して二人きり、っていう王道なシチュエーションの持つ魅力を、「奪う」という要素を加えることでより強くしてます。
 ああ、でも、ラップ部分で同じ内容を繰り返すのはちょっとなしじゃないかな、そりゃ手抜きでしょう。歌のリフレインってのは印象付けのための戦略ですけど、ラップってのは言葉のたたみかけで魅了するもんなんだから、前に聴かせた内容をまた使っちゃったら、聴き手を揺さぶれないんじゃないかな。繰り返して慣れさせちゃったら、意味ないんじゃないのかな。だからヒップホップが本業の皆さんは歌詞を繰り返さないんじゃないのかな。違うのかな。


この記事へのコメント
この歌詞や曲はLeadは作ってませんよ?<br />
Leadの皆様に言われてもLeadは何もできませんよ?<br />
私はLeadFANですが…書いてるのは失礼な部分もあると思います。<br />
突然失礼しました。
Posted by asuka at 2006年06月24日 22:49
コメントありがとうございました。<br />
そうですね、自分がここで何を言っても何も変えることはできないかもしれません。それはおそらく、作詞作曲している方に向けてメッセージを発しても、そう違わないんじゃないかとも思います。<br />
<br />
ただ、たとえばこうして書きとめておけば、次に別の曲を取り上げることになったとき「ここが変わった!」と感じることもできるんです。<br />
<br />
また、この文章を読んだ、自分とは異なる意見を持った方と意見の交換をすることもできるわけです。<br />
なので、もしよろしければasukaさんの感想を詳しくお聞かせいただければ嬉しいです。<br />
「失礼な部分がある」とだけではなく、「どこの箇所がこう失礼だ」と言っていただければ、「そうですね、すみません」「修正しました」といった対応をとることもできますし、あるいは「ここはこういうつもりで書いたんですが、どうでしょうか?」と返すこともしますので、ぜひお気軽にご指摘いただければと。<br />
<br />
よろしくお願いしますー。
Posted by はじ(管理人) at 2006年06月25日 00:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。