2004年07月08日

ラバーキャロッツ「ピエロ」

ピエロ (CCCD)
ラバーキャロッツ, TAMA, 渡辺貴浩, 島健
東芝EMI

このアイテムの詳細を見る


 ジャジーな香りのする、おしゃれな音。こぼれる水滴のようなピアノとか、しゃらしゃらと遠くで鳴っているような奥行きのあるライドシンバル、スタンダードなジャズってやっぱり雰囲気があって、落ち着きますね。
 EGOWRAPPINやorangepekoeがスマッシュヒットしたのってどのくらい前でしたっけ。二年前くらい?あの時はジャズとかスカとかブルースとか、非ロック系バンドミュージックとでもくくればいいのか、そういうジャンルが来るか、と思わせられたもんですが、結局ヒットチャートに定着はしませんでした。そういう方面のファンはあの時期かなり増えたとは思いますが、連続して「ヒット」を飛ばすには現在の邦楽の状況ではややパンチが足らないのかもしれません。テレビや有線なんかでは耳馴染みのないああしたジャンルというのは、クラシックがそうであるように、そのジャンルの雰囲気が出ていればいるほど、大衆意識としてはどれも似通って聴こえてしまうんじゃないかなと。

 その点、このラバーキャロッツは、そうした不利をもしかしたらはね飛ばしてくれるかもしれません。というのは、ジャズを基本としたサウンドでありながら、非常にポップス的な(一般に馴染みのある)仕上がりになっているからです。あくまでもジャズは雰囲気だけで、骨組みはしっかりと邦楽の方法論でできあがってまして。一聴した限りでは、単にジャズにしようとしてなりきれてないのかな、と思ったんですが、どうもこの二人組バンドは「おしゃれミュージック」を自ら名乗っていて、ジャズ、ポップス、スイング、などなど様々なジャンルの音楽を取り混ぜて自分たちの「おしゃれ」な音楽を作ろうとしているらしく。「おしゃれミュージック」なる呼称のセンスはどうかと思いますが、とにかくおいしいとこだけ集めるというのは、一ジャンルをこだわってやっている人たちからは嫌悪の目で見られるかもしれないものの、貪欲な姿勢だし、非常に邦楽的、日本的でもあります。なので、もしかしたらチャート常連になって一時代を築けるかもしれません。なんかルックスも評判みたいですし。

 個人的には、非ロック系バンドの波がきたらけっこう面白いことになると思うので、頑張ってもらいたいものです。こことか、オレンジペコーもアルバム出したし、エゴラッピンもアルバム秋に出るらしいし、あとジムノペディあたりとかも椎名林檎的な雰囲気あって好きだったり。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。