2004年06月09日

Mr.children「Sign」

 うん、佳作。それ以上でも以下でもなし。いい歌だとは思うけど、特にこの曲に惹かれるってわけでもない。
ここんとこのミスチルの数曲はずっとそんな感じで、細かい表現とかよくできてると誉めてもいいし突き抜けた新味がないとけなせもできる、どう書いていいか非常に迷うとこなんです。安定して大多数の人にとっての平均以上の曲を作っていけるスタイルが確立したのは、やっぱりすごいことなんです。ですが、あんまり内容が安定してしまっているため、ちょっと前向き後ろ向きの比を変えて同じことを言い換えているだけ、とかそんな風に見えてしまったりするんですよ。
 今回の「Sign」も、タイトルのモチーフをうまく内容で生かしているし、表現もきちんと考えられているんですけど、ドキッとするほど刺さってくる言葉があるかと言うと。あ、でも『身体でも心でもなく愛している』なんてのはいいですね。

 曲調もずっと変わらないよなあ。たまには小林武史氏ではなく、別の人と組んでみたらどうなんだろうか。それだけで新鮮になると思うんですが。でもそしたら、変わっちゃった、と失望するファンが大勢出るんかな。


posted by はじ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | J-POPレビュー男性(ま行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 確かに、僕も管理人さんの意見に同感で、普通の良く出来たバラードという感じの曲ですね。むしろ「しるし」のほうが上だと思いますし。<br />
 <br />
 でもやっぱり、ミスチルの曲は名曲揃いだとよく言われますね。「しるし」も早速、「彼らにまた新たな代表作が加わった」などと評価されていますね。<br />
 <br />
 ところで管理人さんは、「タガタメ」という曲を知っていますか?アルバム「シフクノオト」収録曲で、シングル曲ではありませんが、シングル曲と同等の扱いがされているような曲ですね。歌詞はかなりインパクトがありますよー。
Posted by 金魚花火 at 2007年02月08日 09:31
「Sign」に関しては、このレビュー書いたときよりも自分内評価は上がってきていたりします。特にアルバムで聴いたときは、目立ちはしないもののくどくなくさらりな感じがいいなあと思えました。<br />
<br />
逆に「タガタメ」は超こってりですよね。あれはあれでひとつの極点だなと。いい悪いという前に圧倒されました。
Posted by はじ(管理人) at 2007年02月10日 02:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。