2004年05月28日

NO PLAN「本望でございます〜芸人魂の詩PART2〜

 『I am a natural born Geinin』だそうです。芸人として他人に涙は見せないぜ!というコンセプトで、それを笑えるように表現しているところがよいですな。「道化師の悲哀」っていうネタはいくらでもシリアスになりうるモチーフですけど、そんな悲しみさえも笑ってしまおうという気概がなかなか。この意味では、下手な歌いっぷりも表現に貢献していると言えます。

 そもそも芸人がいいこと歌うのって、安易過ぎるんですよね。ギャップだけで共感が得られてしまうわけだから。ポケビとかくずとか辺りなら、きちんとした水準まで達しているからいいようなものの。というわけで、このNO PLAN、「○あげよう」って曲のほうはダメダメです。こっちは歌の下手さがそのまんまマイナスだしね。


posted by はじ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー企画もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。