2004年05月15日

中島美嘉「SEVEN」

 毎度言ってますが、やっぱりこの人の歌を聴いていると、あるべき旋律から音がぽろっと外れそうでそわそわしてしまいます。ただ逆に言えば音を外しているわけではないのだし、こちらは心を揺さぶられているんで、これは彼女の魅力であるのかもしれません。
 今回のジャズっぽい軽くシャレたナンバーを、気だるげにでもなんだか真面目に歌っているところを見ると、その辺やっぱり意識してやってるのかもしれませんね。歌にしても曲にしても詞にしても、不安定さをいろいろな部分で見せて聴き手を惹きつける、みたいな部分があります。


posted by はじ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(な行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。