2008年09月20日

KAT-TUN「DON'T U EVER STOP」

DON’T U EVER STOP(初回限定盤1)
KAT-TUN 亀梨和也 田口淳之介
ジェイ・ワン・レコーズ (2008-05-14)
売り上げランキング: 3543



<一貫したコンセプトの中、さまざまな要素が交じり合う>

 デビュー以来、著名アーティストの提供楽曲とそうではない楽曲を交互に繰り出してきたKAT-TUNですが、ここにきて前作「LIPS」に続き連続で著名アーティスト外の楽曲です。だいぶ人気もカラーも定着したからでしょうか。ノンタイアップでのリリースというのも、制作サイドの自信を感じさせるような。

 曲調は、前作のロック系統から変わり、ダンス系トラックに。ただ、『裏切りの街角に 咲いた君の花』『失うもの無いぜ 戻れないぜ 全てを賭けて』というような、ハードなテイストは変わらず。
 ジャニーズ事務所、というか男性アイドルは「等身大」で「優しい」ソフトなイメージが定着してきた中で、当初から陰のある雰囲気を出してきた戦略が貫かれている感じです。

 全体としては、ダークで悲劇的なムードが漂っている中で、『運命はDon't stop』で翻弄されるけど向かっていこう…というようなところに落ち着いています。
 で、「LIPS」でもそうだったように、硬派っぽくあっても『上手く言えないけど 一人じゃない』というような優しさがあったり、その一方では『感じた夜は 正直に 欲しがって』とちょっとアダルトな一面もあったり。ラップでは『From千葉 サイコラッパー』とか『日の丸背負い Lock on 生きろRock道』とかHIPHOP的な強気さがあったりと、それぞれにカッコよさをアピールしているんですけど、ちょっと方向性が散らかっている印象。
 とはいえ、スタイリッシュな曲調の中、各人がパートを分けて折り重なっていく展開は、なかなかのものかと。あんまり注目されていない気もしますが、KAT-TUNの楽曲は意外とこういう点が面白かったりします。
ラベル:KAT-TUN
posted by はじ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー男性(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。