2008年04月05日

TOKIO「青春(SEISYuN) 」

青春(SEISYuN)
青春(SEISYuN)
posted with amazlet at 08.04.05
TOKIO
ユニバーサルJ (2007-11-28)
売り上げランキング: 142535


<無頼な世界観の中で一人「信じる」>

 2006年の中島みゆき提供「宙船」のヒットを(明らかに)受けて、大物に曲を提供してもらう頻度が急上昇しているTOKIO。またその流れの中で、「ひかりのまち」そして「本日、未熟者」と、歌謡曲的なサウンドと、男くさいうねりのあるボーカルスタイルを押し出したものが増えています。

 で、今回は長渕剛による楽曲です。
 全体のメロディラインや歌詞、そもそもはじめの長い「Oh〜」のコーラスからして名曲「とんぼ」も想起させるパターンで、実に長渕らしい感じです。歌い方もまた、まさに男くさいがなった感じ。…でも今回は、特に例の「Oh〜」とかがちょっとパンチが足りないような気も。

 テーマは「青春」ですが、いわゆる爽やかな青春ではなく、独りでもがき傷つく青春を描いています。『言葉がつたないだけです どうかわかってくれよと』と訴えたり、『負けた者たちの泣き言は ひとひらの枯れ葉さ』なんて表現してみたりなど、実に無頼な感じ。
 そんなふうに苦しみながらも、いつかはきっと道が開ける…なんて救いも、記述されてはいません。「わかってくれよ」と訴えてはいても、そのうち届く、きっと伝わる、なんて甘い考えはないのです。

 そして、進むことを諦めるとか、立ち止まってみるとか、そういう甘さもまたありません。
 そのうえで、『信じるのさ 永遠と未来と明日を』と高らかに歌い上げるわけですね。あくまでも「信じる」だけで、本当に報われるかどうかはやはりわかりません。出口も救いも描かれない歌詞世界が、この高らかな宣言を際立たせています。ギャップができているからこそ、「永遠」「未来」「明日」なんてベタな言葉に血が通ってくるわけですね。


posted by はじ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー男性(た行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう少しお待ちください。

 もろもろ事情があって、まだ通常どおりの更新を再開できない状況です。

 とりあえず、最低でもあと一週間は放置気味かと思われるので、まあ気長にお待ちください。
posted by はじ at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況やお知らせ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。