2008年02月04日

藤兵衛ドンと農民たち「よろこびのうた」

よろこびのうた
よろこびのうた
posted with amazlet on 08.02.04
藤兵衛ドンと農民たち 藤原いくろう 甲本ヒロト
BMG JAPAN (2007/10/31)
売り上げランキング: 44305


<古典と民俗音楽の融合、あるいは「民衆の歌」という位置付け>

 THE BLUE HEARTS、THE HIGH-LOWS、そしてザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトがベートーベンの第九を歌う。この試みは、“A Project The Present Time Classics”という、ロックとクラシックの融合を目標にしたプロジェクトがあり、その一環として企画されたものだそうです。

 そんなわけで、確かに甲本ヒロトがいわゆる「歓喜の歌」のメロディラインを歌っているわけなのですが、その内容がとにかくぶっ飛んでいます。『あのベートーベン/猪ベートーベン/鵜のベートーベン/絵の・・・』と、ひたすら50音順に「○のベートーベン」と歌っていくだけ。なんじゃそりゃ、とお思いでしょうが、本当にそれだけなのです。
 伴奏も、はっきりとしたものがあるのではなく、ひたすら祭りのような笛や太鼓のお囃子と、「あ、そーれ」みたいな宴席的にぎやかしが続きます。大胆なアレンジ!というどころの騒ぎではありません。

 「藤兵衛ドン」は間違いなく「ベートーベン」のもじりでしょう。和風というか日本の民俗音楽風にしたのも、クラシックを日本らしくアレンジしたい、ジャンルの壁をぶち壊したいという思いによるものなのかも…という推測はできます。
 歌詞に関しては、「これは一見ナンセンスに見せかけて、実は深い意味が隠されていたんだよ!」…なんて考えても楽しそうですけれど、単に意味を付けたくなかったんだろうなあ、と思います。意味のある言葉を乗せず、この音楽そのものを楽しんでほしい!とか、「ジャンルの融合」のためには言葉は不要…とか。考えてみれば、ひらがな50音というのはすごく日本的ですしね。続きを読む


posted by はじ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー企画もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。