2008年01月30日

Every Little Thing「恋をしている/冬がはじまるよ feat.槇原敬之」

恋をしている/冬がはじまるよ feat.槇原敬之
Every Little Thing 槇原敬之 Yasunari“Nam-Nam”Nakamura Masafumi“Massy”Hayashi Kaori Mochida Noriyuki Makihara
エイベックス・エンタテインメント (2007/10/31)
売り上げランキング: 19651


<飾らない会話のリアルさ/細やかな観察眼のリアルさ>

 両A面で、冬らしいバラードと槇原敬之のカバー2曲となっています。

 オリジナルの「恋をしている」ですが、こちらはそういう触れ込みはないものの、「冬がはじまるよ」のアンサーソングというか、同じようなシチュエーションを自分なりに解釈して書かれたかのような印象を受けます。
 とあるカップルが、冬を迎える。何気ない日常が続く幸せを願いながら、決してシリアスすぎず優しい雰囲気が漂っている…と、設定やコンセプトが非常に近い。小物にビールが出てくるところもおんなじです。
 最初から念頭にあったわけではないのかもですが、「冬が〜」を同じシングルの中に入れているということは、おそらく意識してのことでしょう。

 穏やかな恋人同士の描写が歌詞の大半を占めていて、そこに『こうやって/また同じ冬を/君といること/愛しく想うよ』と、飾らない気持ちをさらりと歌っています。
 で、1コーラスでは相手のセリフとして「僕」が、そしてラストでは「僕」が一人称に使われているので、男女双方の視点から歌っているものと推測できます。たぶん、1コーラスが女性、2コーラスからが男性、という感じでしょうか。

 楽曲も派手ではないように、綴っているフレーズも凝った言い回しや目を引く表現があるわけではありません。が、ただ「ありがち」なのではなく、いかに「何でもない」普通の恋人同士を描き、そのありふれた幸せを浮かび上がらせるか?という点にあれこれと心を砕いていることが感じられます。
 わかりやすいのは、ここ数作そういう傾向があるのですが、ひらがなを多用したり、細かく区切って書いたり…という表記上の工夫。きちんとした形で引用してみましょう。

 ちいさくキスをした
 ほら
 愛しいものがたり

 というこの出だしだけでも、柔らかな印象がつかめるのではないでしょうか。

 で、言葉の言い回しもまたさりげない気遣いを感じるのですが、今回は特に、何箇所か挟まれているセリフ部分に気を引かれます。
 『沈んだ日でも/それも素敵な僕だ、と/君は言う』『「やっぱりいいな/こうゆうのが凄く/嬉しいな」』…という言葉たちは、前後関係は特に説明されません。また、言い方が「〜でも、それも」「こうゆうのが」と少しだけ正しくなくて、何のことだかややわかりにくい。
 でも、あえてそんな言い方をさせることで、口語的・日常空間での何気ない一言というような雰囲気が出てきます。そして、話しているお互いはきっと充分に通じ合っているんだな、と聴き手に感じさせる働きもあります。この辺り、さりげないですが「何気ない恋人たちの日常」を巧く切り取っているのですね。続きを読む


posted by はじ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(あ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。