2008年01月22日

Salyu「LIBERTY」

LIBERTY
LIBERTY
posted with amazlet on 08.01.22
Salyu 渡辺善太郎
トイズファクトリー (2007/10/17)
売り上げランキング: 5728


<衝動のままに、惜しげもなく注ぎ込まれるポテンシャル>

 2007年にリリースされたシングル曲の個人的ベストです。紹介が遅くなったので「2007年マイベスト」には入りませんでしたが…
 このブログを読んでいただいて感じている方もいらっしゃることでしょうけれど、八方美人な性格のため、これが一番!と選ぶのって苦手なのです。でも、それだけこの曲が印象深かったんだとご理解ください。

 デビュー以来(というか、Salyuとしてデビューする前のリリイ・シュシュ時代から)小林武史のプロデュースによって活動を続けてきましたが、今作からその元を離れ、渡辺善太郎プロデュースに移行しています。と同時に、これまではほぼ他人に任せていた単独での作詞も本格的に開始しています。
 そんな新しい出発のこの曲は、まずとにかくキーが高い。単純に最高点が高いというだけでなく、ハイトーンが続いたり下がったかと思ったらまたすぐに上がったりと、半端じゃない難易度をビンビン感じます。
 それを声量と特徴ある声質で、ねじ伏せるかのように歌い上げているので、とにかくパワフルな歌声が全編に渡り堪能できます。彼女の特徴的な声は好き嫌いの分かれるところですが、相当なパワーを必要とするであろうこのメロディラインは、この密度の濃い声でなければ映えないのではないかなと。
 がっちりと脇を固めているバンドサウンドも、力強さを加速。と思ったらふっと静かに緩やかになって、でまた一気にフルスロットルまで高潮する、という。サビよりさらにキーが上がるCメロなどの力押しをしてくる一方で、緩急のギャップもまたインパクトに繋がってきています。

 小林武史はどちらかというと、楽曲に独自の色合いを持った世界を構築しようとするタイプの人だなあと考えていて。自身が参加していたMY LITTLE LOVERなんかそうでしたよね。Saluyについても、当初からそうした形でプロデュースしていたように感じています。
 ところがこの曲は、緻密に世界を構築するのではなく、むしろ枠組みを吹っ切ろうとするかのようなパワーに満ちています。で、Salyuにはそれこそ思い切り突き抜けるだけの歌唱力があったわけで。そんなわけで、こんな怪作が生まれたのでしょう。

 楽曲からほとばしる突き抜け感は、また、本人による歌詞からも漂ってきています。続きを読む


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。