2008年01月13日

関ジャニ∞「イッツ マイ ソウル」

イッツ マイ ソウル
イッツ マイ ソウル
posted with amazlet on 08.01.13
関ジャニ∞(エイト) CHOKKAKU 長岡成貢 ha-j 上中丈弥 依田和夫 Madoka
インペリアルレコード (2007/10/17)
売り上げランキング: 10165


<ユーモア溢れる言葉が、ポップソングの中に奥行きを生む>

 『スーパーの袋しまっとくよーなとこ/そーゆーとこツボなのさ』と惚れた相手に、一途な気持ちで接していく姿をユーモラスに描いている一曲。冷たくされてもメゲないし、『しょげたりしないーい』と明るく言ってのける主人公。砕けた口調がいい味出していますが、こういうキャラクターは関ジャニ∞らしいなーと。
 『まっ今もそれほど可愛いってわけじゃない』とまで言っちゃうのは、たぶん歌う人が人だったらアウト!になってしまいそうな危ないラインですが、彼らならヒョーキンな物言いで何とかなってしまうわけです。

 従来の「大阪」を大々的にフィーチャーした一連の作品群から、最近は地方色が削ぎ落とされてきた模様。今回なんて、曲調としては遊び心はふんだんに見せてくれますが、わりと他のジャニーズポップスに近づいてきている感じ。
 とは言っても、没個性化が進んでいるかといえば、決してそうではないです。「関風ファイティング」そして「ズッコケ男道」とシングルを重ねていく中で、コミカルさやユーモアはそのままに、ポジティブで明るいキャラクターを前面に出したポップソングへとシフトしてきつつあるようです。
 そういう意味ではやはりノリは関西ですし、曲調はともかく、こういうキャラの視点や口調で歌えるというのは、間違いなくはっきりと彼らの個性と言っていいでしょう。

 KAT-TUNがクール&シリアス路線で活動しているのに対し、関ジャニ∞はちょうど正反対、ポップ&コミカル路線を進んでいるという印象があります。ジャニーズ事務所は今はっきりと多層化戦略を展開していますが、その観点からしてもKAT-TUNと両翼をはる重要なポジションだよなあと。

 さてこの曲、ただユーモラスで底抜けに明るい真っ直ぐな歌だ、で終わってしまうことはありません。細かく見ていくと、けっこう面白いのです。続きを読む


posted by はじ at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | J-POPレビュー男性(か行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。