2007年12月30日

BoA「LOVE LETTER」

LOVE LETTER
LOVE LETTER
posted with amazlet on 07.12.30
BoA ArmySlick h-wonder YANAGIMAN Emi Nishida Shoko Fujibayashi Natsumi Watanabe
エイベックス・エンタテインメント (2007/09/26)
売り上げランキング: 25220


<多くの人に愛されるキャラクターを描き出す>

 どうもここ最近はバラードのイメージが強くなってきたBoA。冬は必ず出してますよね。
 「メリクリ」とか「Everlasting」あたりに比べると、リズム隊とか音作りが繊細になってような印象がありますが、しかし全体的にはベタなメロディラインと展開になっています。サビ頭『愛し合って 伝え合って もっとそばで 感じたいの』なんて、言葉も合わせてモロにJ-POPの文法ど真ん中、という感じです。
 …と思ったら、前回の冬にリリースした「Winter Love」でも同じことを言ってましたね。こうしてみると、はっきりとブレない路線でリリース展開をしている、ということがよくわかります。

 しっとりした雰囲気、そして歌い方もかなり大人っぽさを意識しているようです。ダンスミュージック一本だった10代とは違い、20代となった今はそういう「成長」を感じさせる面が毎回どこかにあるようです。どうもあんまり冒険はしないみたいですけど。
 とはいえ、歌詞はまだまだ「大人の女性」というよりは「かわいい女の子」。『「好き」とMailにして』なんてメールという小道具からしても若さを感じますし、『やっぱり大好きな人と 幸せになりたいの』と言われると、微笑ましい気持ちになりますよね。

 BoAのようなアイドル性のある人だと、曲の内容って本人のキャラクターにも繋がる特に大事な要素だと思うのです。で、この曲のキャラクターって、同世代の女性にとっては<オトナっぽくなろうと頑張っていて、でもかわいらしい気持ちも抱いている>みたいな、すごく共感しやすい人物像なんじゃないかなと。で、男性にとっては、微笑ましい後輩・妹のような存在として映るのかなと。どちらにしても、好感度の高いキャラクターなのかなと思います。


posted by はじ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルマガ、Vol.129発行。

メールマガジン≪現代ポップス雑考。≫
Vol.129 2007/12/30 発行部数:めろんぱん 449/まぐまぐ 190

<雑考バトン:新曲レビューリレー>
Acid Black Cherry「愛してない」
 〜感情を激しくぶち撒ける小気味の良さ

<新着レビュー>
ケツメイシ「聖なる夜に/冬物語」
 〜隙のないクリスマス感/叙情性より感情を前に

 気がついている人もいるかもですが、ただいまようやくブログ移行前の過去ログの整備・公開を進めています。年末年始の大掃除です。

 現在のところ、2004年のログをあらかた発掘しました。あんまり感傷に浸っているといつまで経っても終わらないのでさっと流し読みですが、あーこんな曲あったよなーとか、当時はこう考えていたよなーと感慨にふけりたくなってしまいます。興味のある方、年始にヒマだという方は、よろしければどうぞ。

 2004年のレビューは今よりもだいぶ短く、そして尖っています。でも、ほとんど変えずにそのまま載せます。今と言っていること違うじゃん!ということもありますが、まあそのあたりはニヤニヤしながら眺めていただければ。


 ※メルマガについての詳しい説明は、こちらへどうぞ。
  バックナンバーも開放しています。

 ※ニュース系メルマガ大手「忙しいあなたの代わりに新聞読みます」にて
  毎週木曜日、音楽コラムを連載中です。
posted by はじ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | メールマガジン。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。