2007年12月29日

SoulJa「ここにいるよ feat.青山テルマ」

ここにいるよ feat.青山テルマ
SoulJa 青山テルマ 佐藤博
UNIVERSAL J(P)(M) (2007/09/19)
売り上げランキング: 500


<「離れても通じ合う二人」しかし「伝えられない想い」…ギリギリまで磨き上げられた切なさ>

 今年メジャーデビューした新進ラッパーSoulJaとR&Bシンガー青山テルマのコラボレート曲。じわじわと話題になり、なかなかの長い期間にわたってヒットを続けていました。
 今回が3作目となるシングルは、その前のアッパーな2作とは対照的に、センチメンタルさ全開のミディアムチューン。『伝えたい気持ちそのまま言えずに 君は行っちまった』と、遠く離れてしまった想い人への心情となっています。

 近年、J-POPは、「切なさ」を醸し出しまくる楽曲が目立つように感じます。もちろん昔から重要な要素ではあるんですけど、どんどんとその傾向が強まった、極端になった楽曲が出て、ヒットしているように思うのですね。それは、「感動」「号泣」が映画やドラマで流行しているように、時代全体の流れなのかなーとも考えています。
 そしてこの曲は、ちょっと究極的なくらい「切なさ」を追求した内容になっているなあと。その辺を追求してみたいと思います。

 ポイントは、その「伝えられなかった気持ち」の発露の仕方です。
 遠くへと行ってしまった相手への気持ちを、『電波でしか会えない日々』とあるように、やりとりしているメールで伝えようとする。しかし、あれこれと言葉は出てくるのですが、決定的な一言はなかなか形になりません。
 思い出を語ってみたり、元気でやっているかどうかと気遣ってみたり。しかし、『ちくしょう、やっぱ言えねえや/また今度送るよ』『言葉出てこねぇや』『まぁ そんな事はいいんだ 言いたいことはそんなんじゃねぇんだ』と、この他にも延々と繰り返し言葉を紡ごうとしては、結局ダメだと投げ出してしまっているのです。

 この手のシチュエーションだと、「今ならわかる」「この気持ちを伝えられる」「会いにいく」と、離れてようやく気持ちを伝えようとできる、というパターンがほとんど、という印象があります。それで会いにいこうとしたり、今はもう伝えられない…と後悔に浸ったりする、という。
 しかし、この歌はそうではなく、離れた今もやはり気持ちを伝えることができないまま、なのです。どうしようもなく伝えたいのに、うまく言えない。そのもどかしさが、切なさに繋がります。

 さらには、サビの青山テルマが歌う部分は、『Baby boy わたしはここにいるよ』と女性からのメッセージという形になっています。この返答では、『どこもいかずに待ってるよ』と、女性側もまた男性側を求めている、アクションを待っているということが示されます。
 また、ただ女性からの呼びかけだけというわけではなくて、途中からSolJaも歌に加わったり(曲の盛り上がりにも繋がっていますね)またはSolJaが一人で「Baby girl」と語りかけたりもしています。これが、「男女のどちらもが相手を待ち望んでいる」ということ暗に示しています。

 お互い想い合っている。でも、その気持ちは『Unsent letter』=送られない手紙、つまりは目に見える形では送られないのです。
 『話かなりそれちまったがわかるよな?俺が言いたい言葉』
 『言いたい事わかるでしょ?/あなたのこと待ってるよ』
 男女パート、それぞれには、こうした相手への理解を求めるフレーズが出てきます。直接は言えない、メールでは送れないけど、この気持ちは伝わらないかな?きっと伝わるよね?とお互いに期待しているのですね。実際に伝わりあっている、でも、平行線のままの二人の関係。このシチュエーション設定が、聴き手の感情を否が応にも揺さぶってくるのです。
 特に男性パートは、長々と語ったあげくハッキリ言えない!と言い出し「わかるよな?」…という流れで、少々苦笑してしまうくらいにヘタレな感じです。でも、それがやっぱり切なさを醸し出すんですよね。
 さすがにここまでは受け付けない人もいるでしょうけれど、行き着くところまで「切ない」心情を描き出そうとしている、というこの過剰さが、ロングセールスの源になっていたんじゃないかなと。続きを読む


posted by はじ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビューコラボもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。