2007年12月23日

絢香「CLAP&LOVE/Why」

CLAP & LOVE / Why
CLAP & LOVE / Why
posted with amazlet on 07.12.23
絢香
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) (2007/09/05)
売り上げランキング: 178443


<曲調に合わせた、メッセージの投げ方の違い>

 「三日月」「Jewelry day」とバラードが続いた絢香ですが、今回は両A面、片方は今までの枠内から大きく外れる攻撃的なサウンドに乗せたメッセージソング、もう片方はここまでの路線を引き継いだバラードとなっています。


 アグレッシブな音に乗り、今までにない骨太な声で歌い上げられているのが「CLAP&LOVE」。
 名前のように手拍子が全編に渡り鳴り響いていますが、特に歌詞中には登場せず。これはジャカジャカとかき鳴らされるギターやヘビーなベースと共に、「ハッパをかける」感じなのかなと。応援とか一体感とか、そういう一般的な手拍子のイメージよりも、もっと攻めの姿勢で、『青い空に「戦いのスタート」が鳴る』というフレーズが示すように、気持ちをどんどん前に前にと煽るような響きになっているなあと。

 『変なテクニックばかり身につく』『行ったり来たりの毎日』というような惰性に埋没した日常から脱しようとする、これはメッセージソングの王道ど真ん中。ただ、サビで叫ばれるメッセージ『広がる世界の中で/何度探しても答えは一緒』てのは面白いですね。目新しいことを見つけだそうともがくんじゃなく、いつの時代も答えは同じなんだ、とすっぱりと宣言する。このストレートさは清々しいですね。
 『計画通りになんかいかない人生 だから面白いんじゃないの?』というのも同じメソッドで、うまくやろうともがくんじゃなく思い通りにならないことを楽しめばいいじゃん、という。
 で、どちらも「言いっぱなし」なところが曲調に合ってます。答えは一緒だ、までで、「だから無理しなくていいんだよ」とまでは言わない。面白いんじゃないの?と尋ねておいて、「面白いよ、楽しもう!」と誘ったりはしない。あんまり優しく呼びかけすぎず軽く突き放したまま、というこの距離感が、攻撃的なサウンドにちょうどいいのかなあと。続きを読む


posted by はじ at 15:15| Comment(2) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(あ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。