2007年12月22日

平井堅「fake star」

fake star
fake star
posted with amazlet on 07.12.22
平井堅 URU
DefSTAR RECORDS (2007/09/12)
売り上げランキング: 25792


<スターの孤独は、あなたのすぐそばにも忍び寄る>

 今ではすっかり甘いバラードや切ない恋愛ソングが定着している平井堅。ただ「瞳をとじて」の大ヒット以降は、ワンパターンにはならないよう、そういったイメージを踏襲する曲とそれ以外のタイプの曲を交互にリリースしているようです。作風もそうですけど、消費されて終わり、とはならないようきちんと考えてペース配分しているように感じますね。
 今回は、「バイマイメロディー」「君の好きなとこ」といった<王道>路線ではなく、「POP STAR」「哀歌(エレジー)」など、少し毛色の違う意欲的な路線。じっとりとダークな曲調の中で、「スター」の闇と悲哀を見せつける、というような作品になっています。

 『見下ろすパノラマ 空虚なサクセス/広過ぎる部屋に 居場所が無い』『プライベイトも切り売り』なんてあたりのフレーズは、成功した栄光の裏にできる陰を思わせるもの。華やかな一面を世界に見せ続けなければならない一方、その不自由さを嘆く…という苦しさをアピールしています。
 ただ、『携帯メモリー 一周まわったのに/会いたい人は誰?』とか『戦いながら 笑顔はキープ』というような孤独感/空虚さは、もちろん「スターの裏側」の範疇ではありますが、これはまたこっち側=一般人の間にも通じる感覚ではないでしょうか。
 すっかりトップアーティストとなった平井堅本人の心情では?とも思える内容になっているものの、単純な「あっち側」の話ではないのかなあとも思えるのです。「こっち側」の聴き手たちもまた、知らず知らずのうちに同調させてくる…そんな作りになっているようにも感じるのは、自分だけでしょうか。『that's you』とニセモノだと指し示されているのは、現代を生きる我々すべてではないのでしょうか。

 全般に漂う不安げな雰囲気は、コードを微妙に外してぶら下がりがちになるメロディライン(これは「哀歌(エレジー)」にも使われていました)とか、Bメロの半音ぶんの微妙な転調とか、やたらとトリルを入れる歌い方とか、音作りの面でもいろいろと伺えます。
 そんな中、ジャジーな間奏から一転、転調して少し落ち着いた雰囲気を見せるCメロ。ここに歌われている『偽りでいい 見せかけでいい/そのぬくもりが 今は欲しい』…こここそが、包み隠さない本音に当たる部分なのではないかなあと。たとえfakeだらけであろうと、その現在を嘆こうと、偽りでも「ぬくもり」がないと生きていけない…そんな悲痛な心情の吐露となっています。

 そういえば、つい今年はじめにもMr.Childrenが「フェイク」という曲を発表しています。この両曲はどちらも「たとえ嘘だろうと受け入れていく」というスタンスを見せているのが興味深いところ。平井堅はすがるように、ミスチルはあえて積極的にという差はありますが。
 …情報が溢れ、真実も嘘も見分けがつかないくらいになっている現代。何かとフェイクが騒がれる昨今ですが、ニセモノを拒み本物だけを選び抜いていく生き方よりも、酸いも甘いも受け入れていくほうがずっと適している!そんなカウンターメッセージにも感じてしまうところ。このシンクロは偶然ではなく、どちらも時代の流れから考えると出るべくして出たものなのかなあと。続きを読む


posted by はじ at 17:58| Comment(2) | TrackBack(0) | J-POPレビュー男性(は行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。