2007年12月04日

宇多田ヒカル「Beautiful World/Kiss&Cry」

Beautiful World / Kiss & Cry
Beautiful World / Kiss & Cry
posted with amazlet on 07.12.04
宇多田ヒカル Utada Hikaru Kawano Kei Bart Howard
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) (2007/08/29)
売り上げランキング: 1220


<「ほんの少し」の関係性に宿る「救い」/肩肘の張らない、身近な勇気付け>

 ダブル大型タイアップで話題になった、宇多田ヒカルの両A面シングル。前作の「Flavor Of Life」と合わせ、すっかり人気も復活した感があります。

 「Beautiful World」は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の完全新作版と銘打たれた映画3部作の第1作、「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序」のテーマ。宇多田本人が大ファンで、かなり作品側を意識して曲を作ったとのことです。
 ピアノの音色が印象深く鳴り響くスタイリッシュな楽曲に仕上がっていて、はじめは違和感もありましたが、聴いているとけっこう馴染んでくるものです。また、歌詞は確かに意識しているなあという感じ。

 『寝ても覚めても少年マンガ/夢見てばっか 自分が好きじゃないの』というような自己否定、また『何が欲しいか分からなくて/ただ欲しがって』『言いたいこと言えない』というような閉塞感は、作品にも通ずるものですし、また現代社会に生きる若者の病理のひとつでもあります。
 そこに投げかけるのは、「僕」に対する「君」、というような他者との関係性からの救いです。重要なのは、決して「救う」「救われる」わけではないということ。つまり、上から助けようとしたり、何かを要求したりするのではないのですね。等しい関係を歌っているのです。
 それにしても、ただ『君の側で眠らせて』とだけ願っていますが、たったひとつの願いにしてはずいぶんとささやかです。『どんな場所でもいいよ』ですし、ほんのささやかな関係性を作ることを、ひたすらに願っているような印象を受けます。
 「救う」でも「救われる」でもなく、ただ側にいることだけの関係。そこに「救い」がある…そんなところでしょうか?

 多く深くを主張しない「ほんの少し」テイストは、『元気にしてるなら/別にいいけど』『気分のムラは仕方ないね』などのフレーズにも読み取ることができます。
 ただ、『自分の美しさ まだ知らないの』なんて言葉からは、その「ほんの少し」の関係性から相手を変えていきたいと願う、そんな意志も感じられはしないでしょうか。
 ちなみにこのフレーズですが、「エヴァ」原作のオープニングだった高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」の『少年よ 神話になれ』に共鳴しているような気がしているのは、自分だけでしょうか。続きを読む


posted by はじ at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(あ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。