2007年09月21日

チャットモンチー「とび魚のバタフライ/世界が終わる夜に」

とび魚のバタフライ
とび魚のバタフライ
posted with amazlet on 07.09.19
チャットモンチー 福岡晃子 橋本絵莉子
KRE (2007/06/20)
売り上げランキング: 9012


<広大な空と海の狭間を飛び泳ぐ強さ/絶望にふと気がついてしまう瞬間>

 5枚目となるシングルは両A面扱い(ただしもう1曲「風」もあり)。メンバー3人の全員が作詞を行っているのですが、両A面の2曲はどちらも福岡晃子の作詞。そして、まったく正反対とも言える内容になっています。

 「とび魚のバタフライ」は、爽快で抜けのいい明るいサマーチューン。『何て果てしない空!/ひこうき雲のらくがき帳』…気楽に聴くことができるこういう種のフレーズは、初めてくらいに珍しいです。たいていの楽曲は、先に詞を書くという特性の影響もあるのでしょうが、感情のこもったもの、内容の濃い言葉のものなので。
 そこへ行くとこの曲は、単純にホワイトブルーの青い空とネイビーブルーの青い海の、夏らしい穏やかな風景に心地よく浸ることができます。本人達もライブで乗れる曲にしたかったとのことですし、曲製作のレンジを広げるという意味でも、本流にはならないもののこういう曲があってもいいのかなと。

 一般層にアピールしたかった(もしくは、させたかった)のかなーとも思います。実際、とっつきやすいポップな仕上がりですし。ただ、あんまりポップに振り切れているので、ちょっと「かわいらしいガールズバンド」的に受け取られてしまっていそうで心配。そのぶんバランスを取るために「世界が終わる夜に」と両A面にしたのでしょうけれど…

 とはいえ、特に後半のほうの歌詞を読んでみると、決してただ雰囲気とポップイメージだけではないことがわかります。
 「とび魚」=「わたし」は空に向かって『もっと高く跳ねたら/見たことない景色がある』と思い、また海に向かって『深く 潜る きっと新しい水/飛び込んでも怖くないわ』と言ってのける。広がる空にも海にも、上へも下へもどこまででも進んでいこうとする強い意志がこれらのフレーズには宿っているわけです。
 水面を跳ねる「とび魚」を自分自身に重ねるモチーフとして据えたことには、ちゃんと意味があるのですね。


 そして、一方の「世界が終わる夜に」は、タイトルからして非常にダークで、重々しい内容になっています。続きを読む


posted by はじ at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | J-POPレビュー女性(た行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。